ポリ袋に「きゅうり」と材料を入れてもむだけ!お箸がすすむ“きゅうりと梅塩昆布和え”レシピ

ポリ袋に「きゅうり」と材料を入れてもむだけ!お箸がすすむ“きゅうりと梅塩昆布和え”レシピ

  • saita
  • 更新日:2022/08/06

年間を通して手に入る野菜の代表”きゅうり”。本来の旬は夏です。みずみずしくて体を冷やす作用があるので、夏の水分補給にぴったり。そこで今回は「きゅうりと梅塩昆布和え」をご紹介します。さっぱりとして箸が進みます。

「きゅうりと梅塩昆布和え」の作り方(調理時間:5分)

きゅうりをたたき、調味料と和えるだけ。
5分で作れるので、もう1品ほしいときに重宝します。
きゅうりと相性抜群の梅干しに、風味のいいごま油がやみつきに。
箸休めとしてはもちろん、ビールのおつまみにもぴったりです。

材料(2人分)

No image

きゅうり……1本

梅干し(大)……1個

塩昆布……ひとつまみ

ごま油……小さじ1

準備

きゅうりは洗い、ポリ袋に入れて麺棒などでたたきます。

作り方

1.ポリ袋にすべての材料を入れて揉み込みます。

No image

2.お皿に盛ったらできあがり。

No image

「きゅうりと梅塩昆布和え」をご紹介しました。
白ごまをいれてもおいしく召し上がれます。
和えたらポリ袋は捨てるだけでいいので、後片付けもラクラク!
時間があれば、10分ほど冷蔵庫で冷やすと味が馴染みますよ。
夏の副菜にいかがでしょうか?

RIE/ライター

RIE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加