【京王杯SC】「中9週以上×関東馬」など好データ AIの本命は1400mで安定スカイグルーヴ

【京王杯SC】「中9週以上×関東馬」など好データ AIの本命は1400mで安定スカイグルーヴ

  • SPAIA
  • 更新日:2022/05/14
No image

ⒸSPAIA

3戦全て連対の1400m

5月14日(土)に東京競馬場では京王杯SC(GⅡ・芝1400m)が行われる。春のマイル王決定戦・安田記念に向けた前哨戦をAI予想エンジンKAIBAはどう分析したのか見ていこう。

本命はスカイグルーヴ。過去10年では関東馬、関西馬ともに5勝ずつだが、関東馬に関西所属の騎手が騎乗すると勝率16.7%、連対率25.0%、複勝率33.3%の好成績。今年は唯一の該当馬となっている。

また「中9週以上×関東馬」は2勝、3着2回で勝率13.3%、複勝率26.7%。間隔を詰めて使うよりは余裕のあるローテーションが好走する傾向にある。年齢別でも「5歳」は複勝率23.9%で、他の年齢を上回っている。

前走の京都牝馬Sでは0.1秒差の2着と惜しい結果に終わったが、勝ち馬ロータスランドはその後高松宮記念で2着と好走した。こちらも能力は高いものがある。3戦してパーフェクト連対の1400mで好走を期待したい。

AI予想エンジンKAIBA
◎スカイグルーヴ
◯メイケイエール
▲シャインガーネット
△ギルデッドミラー
×リフレイム

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想を行う。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。

《関連記事》
【ヴィクトリアマイル】ソダシ、デアリングタクト、レイパパレら主役多数! ポイントは東京マイル適性の見極め
【ヴィクトリアマイル】ソダシ、ソングラインは消し! 久々でもデアリングタクトが中心!?
【ヴィクトリアマイル】デアリングタクトはテイオーを超えるか 「長期休養明け重賞勝利」ランキング

SPAIA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加