火災の原因は...?消防学校で「火元特定」訓練 長野市

火災の原因は...?消防学校で「火元特定」訓練 長野市

  • SBC NEWS
  • 更新日:2022/11/25

燃える木造の小屋を見つめるのは、県内13の消防本部などから集められた研修生です。

【写真を見る】火災の原因は…?消防学校で「火元特定」訓練 長野市

消防士にとって火災の原因を突き止めることは重要な任務。

実際に小屋を燃やして原因を突き止める実習が行われました。

火が消された後には、研修生たちが小屋の中の写真を撮ったり相談したりしながら出火原因を探ります。

この訓練は数日間に及びます

火が出た原因を正確につかむため中から家具を出すことや、火元の家の関係者に話を聞く事も実習の一環です。

コンロや枕もとの灰皿など出火リスクの高いさまざまな要因のなかから絞り込み、火元の特定を進めます。

「電気痕というものを探していましたちょっとこれにはなくて見つからなかったんですけど」

正解は「ストーブからの出火」。残されたものから原因にたどり着くべく研修生たちは証拠集めと分析を続けていました。

県消防学校ではこれから迎える暖房シーズン、さらに乾燥も加わり火災のリスクが高まっていることから外出前や就寝前の火の元の点検など注意を呼び掛けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加