「ゼロで帰りたい」だけ 広島・栗林は記録気にせず金字塔 監督絶賛「気持ちが強い」

「ゼロで帰りたい」だけ 広島・栗林は記録気にせず金字塔 監督絶賛「気持ちが強い」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

9回、丸を空振り三振に仕留めてほえる栗林。新人最多を更新する14試合連続無失点記録を達成(撮影・立川洋一郎)

「広島1-1巨人」(4日、マツダスタジアム)

広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24)=トヨタ自動車=がデビューから14試合連続無失点を達成。ドラフト制以降では19年・甲斐野(ソフトバンク)が持つ新人最長記録を更新し、プロ野球新記録を樹立した。

同点の九回1死から梶谷に左翼線二塁打。プロ入り初の長打を許したが「記録のことは本当に気にならなかった。ゼロで帰りたい、抑えたいという気持ちだけでした」と坂本を三ゴロ、最後は2死二塁で丸を空振り三振に斬った。

前日の登板で13試合連続無失点とし、この日で更新。「チームが勝てていないので、うれしさはあまりないですね」と満面の笑みはないが、金字塔を打ち立てたのは事実。佐々岡監督は「大したもんというかね。気持ちが強くないと、後ろ(抑え)は務まらない中、本当に気持ちが強いモノを持っている」と褒めあげた。

「ビハインドも同点も4点差も、全部の場面を経験できた。ここから1試合1試合、自分の中で区切りをつけて、やっていかないといけないかなと思います」と栗林。頼もしいルーキーが、今後もチームのために腕を振っていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加