大いに注目! 技術の日産を誇示するアダルトインテリジェンスクーペ|1991年式 日産 レパード アルティマ V30 ツインカムターボ Vol.1

大いに注目! 技術の日産を誇示するアダルトインテリジェンスクーペ|1991年式 日産 レパード アルティマ V30 ツインカムターボ Vol.1

  • Nosweb.jp
  • 更新日:2022/01/16
No image

【1991年式 日産 レパード アルティマ V30 ツインカムターボ Vol.1】

1986年2月にデビューした2代目レパード。高級スペシャリティーカーとしてソアラとの比較ばかりが取りざたされがちだが、エレガントなフォルムや日産の技術の粋を集めたメカニズムには大いに注目するものがある。

「エアフロー・フォルム」と呼ばれる端正なエクステリアデザインは、Cd値0.32という当時の世界トップレベルの空力性能を実現。一方、プレステージスペシャリティーカーらしく、インテリアにも多くの先進装備を採用。斬新なデザインのグラフィカルデジタルメーターや光通信スイッチ付きステアリング、シートバックが中折れするパートナーコンフォタブルシートやカードエントリーシステムなど、これまでの国産車では見られなかった装備が数多く取り入れられた。

▶▶▶【画像17枚】後期アルティマターボに標準装備のは本革シート。バックレストに中折れ機構を備え、倒した状態でも自然な姿勢がとれる助手席のパートナーコンフォタブルシートなど

そして、メカニズム面でもトピックは多い。上級グレードには、日本初の4カム24バルブ・ツインスロットルを採用したVG30DE型を搭載。2Lはターボと自然吸気の2種を用意したが、ターボは可変ノズルを採用して低速から高速まで理想的な過給特性を実現するジェットターボが組み合わされた。そして、サスペンションにも新機構が用いられた。超音波ソナーで路面状況を読み取り、ダンパーの減衰力を3段階で変化させるスーパーソニックサスペンションや日産初の4WAS、車速感応油圧反力式電子制御パワーステアリングなど、まさに先進装備のオンパレードとなったのだ。

【2】に続く

1991年式 日産 レパード アルティマ V30 ツインカムターボ(F31)

Specification 諸元

全長×全幅×全高(mm) 4805×1690×1370

ホイールベース(mm)  2615

トレッド(mm) 1435(前後とも)

車両重量(kg)  1520

エンジン型式  VG30DET型

エンジン種類 水冷V型6気筒DOHCターボ

総排気量(cc) 2960

ボア×ストローク(mm) 87.0×83.0

圧縮比 8.5:1

最高出力(ps/rpm) 255/6000

最大トルク(kg-m/rpm) 35.0/3200

変速比 1速 2.785 / 2速 1.544 / 3速 1.000 / 4速 0.694 / 後退 2.275

最終減速比 3.916

ステアリング ラック&ピニオン

サスペンション前/後 ストラット/セミトレーリングアーム

ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)

タイヤ 215/60R15(前後とも)

発売当時価格 416.2万円

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加