桜花賞はソダシよりサトノレイナス。キャリアや血統面などデータが後押し

桜花賞はソダシよりサトノレイナス。キャリアや血統面などデータが後押し

  • Sportiva
  • 更新日:2021/04/08

4月11日、阪神競馬場で「3歳牝馬三冠」の第1弾、GⅠ桜花賞(芝1600m)が行なわれる。

今年は7頭の重賞勝ち馬が揃い、ハイレベルな戦いが予想される。注目ポイントは多いが、中でも注目されるのが、GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神/芝1600m)1着のソダシ(牝3歳/栗東・須貝尚介厩舎)と、2着のサトノレイナス(牝3歳/美浦・国枝栄厩舎)の再戦だ。

◆安藤勝己の「3歳牝馬番付」。激戦のクラシックは「2強」で絶対か?

No image

ソダシにリベンジを果たして重賞初制覇を狙うサトノレイナス

まずは、阪神ジュベナイルフィリーズを振り返ってみよう。好スタートを切って5番手あたりを追走したソダシに対し、やや出遅れ気味だったサトノレイナスは中団あたりを追走。直線で早めに仕掛け、馬場の真ん中あたりを通って先頭に立ったソダシを、サトノレイナスが内から交わしにかかるも、ソダシがもうひと伸びしてハナ差で抑えきる、というレース内容だった。

レースを勝ったのはソダシだが、サトノレイナスが直線で走った内めの馬場は荒れぎみで、末脚を伸ばしにくいためソダシも避けていた。その馬場で鋭く伸びた走りは高く評価できるもので、内容的にはサトノレイナスを上に見てもいいほどだ。

キャリアの違いも大きかった。ソダシはそこまで3戦3勝で、牡馬相手のGⅢ札幌2歳S(札幌/芝1800m)、牝馬限定のGⅢアルテミスS(東京/芝1600m)と重賞を連勝中だった。一方のサトノレイナスはデビューから2連勝中だったが、重賞は初出走で、関西圏への遠征も初めてだった。キャリアが浅い2歳馬にとってレース経験の差は大きく、2頭の経験値を考えると、サトノレイナスがハナ差まで迫ったことはなおさら評価できる。

次は、血統を比較してみよう。サトノレイナスの父ディープインパクト産駒は桜花賞で5勝。今年から2年後まで3世代の出走チャンスがあるが、すでに歴代最多勝となっている。

これまでの勝ち馬5頭を見てみると、2011年マルセリーナと2013年アユサンが同レースで重賞初制覇。2012年ジェンティルドンナ、2014年ハープスター、2019年グランアレグリアの3頭もGⅠ初制覇だった。ハープスターは阪神JFで2着、グランアレグリアはGⅠ朝日杯フューチュリティS(阪神/芝1600m)で3着と、2歳時のGⅠで初の敗北を喫していた。ディープインパクト産駒は2歳時より、3歳春に素質を開花する馬が多いのだ。

サトノレイナスは母系も優秀で、母バラダセールはアルゼンチンのオークス(ダート2000m)と、桜花賞に当たる1000ギニー(ダート1600m)の勝ち馬。全兄サトノフラッグは昨年のGⅡ弥生賞ディープインパクト記念(中山/芝2000m)を勝ち、GⅠ菊花賞(京都/芝3000m)で3着に入っている。

一方、ソダシの父クロフネは、レイパパレやクロノジェネシスなどの母の父として、最近になって注目されている血統。ソダシを含めて8頭のGⅠ/地方交流GⅠ馬を出している。

だが、3歳クラシックレースは勝利がなく、桜花賞も13戦して2着が1回のみ。2011年ホエールキャプチャ(2着)、2013年クロフネサプライズ(4着)と、2頭が1番人気に応えられなかった。牝系は伯母に地方交流GⅡ関東オークス(川崎/ダート2100m)のユキチャンなど活躍馬は多いが、ダートの活躍馬が多く、クラシックレースには無縁のファミリーだ。

以上、ソダシvsサトノレイナスの対決は、キャリアや血統面から、サトノレイナスが逆転する可能性が高いと見る。アカイトリノムスメなど、他の有力馬の存在も気になるところだが、2頭の比較ではサトノレイナスを上に見たい。

平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加