ヴィッセル神戸の三浦監督が続投へ 過去最高順位に高評価

ヴィッセル神戸の三浦監督が続投へ 過去最高順位に高評価

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2021/11/25

J1神戸は25日、三浦淳寛監督(47)との契約を更新したと発表した。今季はリーグ2試合を残して3位につけ、これまで7位だったクラブ史上最高順位の更新が確定。目標に掲げていた来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得にも王手をかけている。来季が3季目となる。

No image

J1神戸・三浦淳寛監督

三浦監督は大分市出身。現役時代はフリーキックの名手として知られ、日本代表でもプレーした。昨年9月に強化責任者のスポーツダイレクター(SD)から指揮官に就くと、初出場のACLでベスト4。今季は課題だった守備の改善や若手の育成に注力する一方、イニエスタやフェルマーレン、途中加入の大迫、武藤らスター軍団をまとめてきた。

36節終了時点で20勝10分け6敗の勝ち点70と好成績を収め、J1月間優秀監督賞を2度受賞するなど、手腕が高く評価されたとみられる。三浦監督は「何より選手がサッカーに懸ける気持ちを体現してくれた。ヴィッセルに関わる皆さまと一致団結して、この先も歴史を一緒に築いていきたい」などとコメントした。(山本哲志)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加