日米韓外相会談、ニューヨークで開催...「北核脅威」に対し3か国緊密協力

日米韓外相会談、ニューヨークで開催...「北核脅威」に対し3か国緊密協力

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/09/23
No image

日米韓の外相は22日(現地時間)米ニューヨークで会談を開いた(画像提供:wowkorea)

日米韓の外相は22日(現地時間)米ニューヨークで会い、北核などの懸案について協力を強化することにした。

日米韓外相会談はことし7月、G20(主要20か国)外相会議が開催されたインドネシア・バリで開かれて以来、2か月ぶりの開催である。

パク・チン(朴振)外相とアントニー・ブリンケン米国務長官、林芳正外相は1時間ほど行なわれた会談で、北朝鮮の核実験の動きなどに対する協力方案などを論議し、北核などの懸案に対する3か国間の協力を一層強化しようということで意見が一致した。

パク外相は会談後、記者たちに「北朝鮮の核兵器使用の脅威に関して日米韓が緊密に協力し、断固とした対応をとるための準備が必要だという話を交わした」と説明した。

“日韓首脳の対話に関する見解”への問いにパク外相は「様々な点でとても意味があり、日韓関係改善のための良い機会となった」と答えた。

一方ブリンケン長官はこの日の会談の冒頭発言で「日米韓はそれぞれ二国間で協力してきたが、最近は3か国の協力が強化されている」と語った。

つづけて「われわれが協力すれば、一層効率的になる」として、地域安保問題だけでなくグローバル懸案でも3か国協力の必要性を強調した。

また「米国の立場としては、日米韓3か国の協力はとても重要だ」とあらためて伝えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加