「互いにリスペクトしている」...ケパとリュディガーの衝突にトゥヘル監督「解決済み」

「互いにリスペクトしている」...ケパとリュディガーの衝突にトゥヘル監督「解決済み」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/04/07
No image

トゥヘル監督が衝突に言及 [写真]=Getty Images

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとスペイン代表GKケパ・アリサバラガのいざこざについてコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

チェルシーはトーマス・トゥヘル監督就任後12のクリーンシートを含め、14試合連続で無敗(10勝4分け)。のまま代表ウィークに突入。しかし、再開後初戦となった3日のプレミアリーグ第30節のウェスト・ブロムウィッチ戦ではブラジル代表DFチアゴ・シウヴァの退場も影響し、2-5で敗れついに土がついた。

その翌日に行われた練習中にリュディガーがケパに対し、遅れてタックルしたことがきっかけとなり、両者は押し合いながら口論となる事態になったと報道。トゥヘル監督は熱くなっていたリュディガーを練習から早めに切り上げさせたと伝えられていた。その後リュディガーはケパやチームメイトに対して謝罪したことも明らかになっていたが、トゥヘル監督は今回この件について次のようにコメント。敗戦と関係ないことを強調しつつ解決済みと語った。

「敗れたこととは何も関係ない。トレーニング中にあったことで、トニーとケパが熱くなってしまったからすぐに状況を落ち着かせただけだ。受け入れたくはないことだ。だが小さいグループでミニゲームを行う時には起きうること。彼らは競っているしトレーニングマッチでも勝ちたいと思っている」

「それに対する反応や、彼らの対応の仕方は素晴らしかったし、互いにリスペクトしている様子も見られた。彼らはダイレクトに問題を解決し、すぐに雰囲気もクリアになった。私たちは話し合ったし解決済だ。彼らはトレーニングの後、とても謙虚に直接的な方法で問題を解決した。良いキャラクターを持っているんだ」

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加