西武金子がドラ1左腕打ち 決勝2点打に辻監督も感謝

西武金子がドラ1左腕打ち 決勝2点打に辻監督も感謝

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

◆西武3-2オリックス(18日、メットライフドーム)

1番に入った金子が値千金の決勝打を放った。2回2死満塁の先制機。オリックスのドラフト1位左腕、宮城からしぶとく左前2点打を放った。

「満塁だったし、山野辺が(死球で)体を張ってつないでくれたので、何とかしたいなと思って食らいついた。先制点を取ることができて良かった」と振り返った。

辻監督は「金子が良く打った。(1死一、三塁の場面で三振した8番の)岡田にスクイズも考えたけど、金子が救ってくれた」と感謝した。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加