【強迫性障害だった父の記憶】パパ、もうやめて! 恐怖と困惑の過去『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』

【強迫性障害だった父の記憶】パパ、もうやめて! 恐怖と困惑の過去『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』

  • マイナビウーマン子育て
  • 更新日:2021/01/14

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。父もまた強迫性障害で、それが嫌だったのに……。

強迫性障害の父に怒鳴られていた記憶……

No image

前回の続きです。

2・3・4歳の年子育児をしているわたしが、毎晩毎晩、寝室に不審者がひそんでいないか、床にはいつくばっている理由である強迫性障害。

離婚して、男手ひとつでわたしを育ててくれた父もまた、強迫性障害に苦しんでいました。幼い頃は父の苦しみなど到底想像もつきませんでした。

No image
No image
No image
No image

追い詰められ、理解してもらえない悲しみを抱えた父。症状はどんどん酷くなり、幼いわたしにも強く当たるようになりました。

強迫性障害による不安が抑えきれなくなったり、ものごとが父の思う通りにならないと、大きな声で怒鳴りつけられました。それがあんなにも嫌だったのに……。

次回もよろしくお願いします!

(漫画・文:みっぽんぽん)

次回更新は、1/21(木)の予定です。

みっぽんぽんさんのプロフィール

2歳・3歳・4歳の年子3人+犬を育てながら漫画や文章をかいています。
怪我や病気の多い人生でしたがめげずにあははと生きています!

ブログ「みっぽんぽんのえんじょいじょい」
Twitter@MitsuPongPong

※本記事にでてくる病気、症状、治療法に関する表現は、作者の個人的な体験にもとづくものです。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加