おぎやはぎ矢作 入院中の加藤浩次から「ダメだな-」 やり取り明かす

おぎやはぎ矢作 入院中の加藤浩次から「ダメだな-」 やり取り明かす

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/17

お笑いコンビ「おぎやはぎ」が15日深夜、TBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演し、矢作兼(49)が肺炎で入院中の「極楽とんぼ」加藤浩次(51)と連絡を取ったことを明かした。

No image

「おぎやはぎ」の矢作兼

加藤がぜんそくの持病持ちであることを知る矢作は、入院したニュースを見て心配になったという。「さすがに肺炎で入院ってニュースを見たから、LINEしたよ。ぜんそく持ちだから、心配になってLINEで連絡したんですけど。『大丈夫ですか?』って言ったら、『ダメだなー』って返ってきた。ダメみたい」。すると相方の小木博明(49)は「ダメだよね、じゃあ。本人が言うんだから」と、小木流のジョークも交えて相づちを打った。

矢作はさらに「『死なないで下さいね』って入れておいた。『病院だから死なないだろう』って言ってたけど」とやりとりを公表。「心配だよね」と繰り返していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加