博物館の駐車場に住み着いた「灰色の犬」。保護してシャンプーすると...!

博物館の駐車場に住み着いた「灰色の犬」。保護してシャンプーすると...!

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2020/07/01
No image

博物館が開館する前に

通報・発見

ロスアンジェルスの自然史博物館の駐車場に住み着いた犬「ビリーG」の保護依頼で、保護団体HOPE FOR PAWS が早朝に出向きました。

No image

出典:https://www.youtube.com

保護

博物館が開館すると駐車場は混みあってきます。その前にケージトラップを使ってつかまえたいところ。

ちょっと映像が遠いですが、ビリーGが食べ物を拾いながら、ケージに近づいています。

No image

出典:https://www.youtube.com

そして…ふたが落ちてつかまえた!1発で成功しました。

最初はとてもあせっていたビリーGも、人の手を受け入れて、次第に落ち着いてきました。

No image

出典:https://www.youtube.com

車中ではもう、ぴったり寄り添って。

No image

出典:https://www.youtube.com

ケア

さ、灰色から白に戻りましょう。

No image

出典:https://www.youtube.com

見て、このくつろぎっぷり。

No image

出典:https://www.youtube.com

その後

ビリーGは一時預かり家庭で里親さんを待ちながら、幸せに過ごしています。この様子ならきっと、もうとっくに里親さんに引き取られたのではないかと思いますけれどね。

預かり家庭の小さな子供とも仲良くしているビリーGを、動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

里親詐欺!苦しめられる保護犬たちの現状

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
ひろこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加