都立小山台vs啓明学園

都立小山台vs啓明学園

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2021/04/08

壮絶な打撃戦!都立小山台 中道の二塁打で粘る啓明学園を振り切りサヨナラ勝ち

No image

本塁打を放つ森村輝(都立小山台)

1回戦から中2日で迎える2回戦。緊急事態宣言の間、都立校は基本的に練習ができなかったが、私立の啓明学園もできなかった。啓明学園の芦沢真矢監督は、1回戦で130球ほど投げたエースの巌琉翔の登板を回避。控え投手による、厳しいマウンド運営を迫られた。対する都立小山台のエース・木暮瞬哉も本調子ではなかった。

2回裏小山台は9番・木暮の左前適時打で1点を先制したが、3回表啓明学園は3番・野木裕太の2ランで逆転。その裏小山台は4番・森村 輝の2ランで再逆転。ともに捕手の一発で、試合が動き出した。
4回裏小山台は2番・西田宗弥の左前安打などで3点を追加。5回は両チーム1点ずつ入れ、5回が終わって7-3で都立小山台が4点リードしていた。

しかし、芦沢真矢監督がメンタルトレーニングの講習を受け、実践している啓明学園の選手たちは、リードされても明るく、ポジティブである。その雰囲気が6回表の猛攻をもたらす。この回、啓明学園は相手守備のミスに5番・赤迫寛太の二塁打などで一気に4点を入れ、同点に追いついた。一方小山台のエース・木暮は、アンダーに近いサイドスローであったが、腕の位置が秋に比べてやや高い。これは「疲労のためです」と語る都立小山台の福嶋正信監督は、「力みもありました」とも語る。秋とは別人のような苦しい投球だ。

7回からは三塁手の佐藤克哉がマウンドに上がる。もともと投手で、三塁手がいないというチーム事情で三塁手になっていた。その佐藤が登板したため、捕手の森村が三塁手になった。
佐藤が好投し、都立小山台は息を吹き返してきた。8回裏には2番・西田の三塁打などで2点を入れ、今度こそ、勝負ありと思われた。

9回表啓明学園は、この回先頭の毛利一穂が中前安打で出塁するも、代打・古賀洸李の遊ゴロは併殺打となった。それでも8番・小林竜大は内野安打で出塁。打席には4回途中から登板している9番の河上莉央が入る。河上が振り抜いた打球はレフトフェンス直撃、あわや本塁打かという当たりの二塁打になり、1点を返す。さらに1番・廣瀬拓磨も二塁打を放ち、土壇場で同点に追いついた。

啓明学園は先発、左腕の東昂人からつないだ河上であったが、やはり疲労は隠せない。9回裏都立小山台は、6番・早野正道の二塁打に続き、8番・中道涼も左中間を破る二塁打を放って早野が生還。都立小山台が乱戦に終止符を打った。

敗れた啓明学園であるが、リードされても明るさを失わず、チーム一丸で小山台に立ち向かった姿勢は見事だった。「芦沢真矢監督下で野球をやりたかった」と言う捕手で主将の野木は、「配球や試合に対する気持ちの持って行き方などを学びました」と語る。ヤクルトの捕手であった芦沢真矢が啓明学園の監督に就任して6年。確実に成果を積み重ねている。
辛勝した都立小山台であるが、東東京勢でベスト16に残ったのは5校だけで、貴重な存在になっている。3回戦の相手はセンバツ出場の東海大菅生。粘り強い戦いを期待したい。

(記事:大島 裕史)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加