人を励ます言葉を5選|仕事や恋愛で落ち込んでいる人を元気づけよう

人を励ます言葉を5選|仕事や恋愛で落ち込んでいる人を元気づけよう

  • Domani
  • 更新日:2021/10/14

励ますには「元気づける」という意味があります。仕事や恋愛で失敗し落ち込んでいる人に励ます言葉をかけます。相手に共感しながら、「頑張ったね」などと声をかけることで上手に相手を励ませるでしょう。励ます言葉の適切な使い方について解説します。

【目次】
「励ます」の意味と類語
人を励ます言葉をかけるべきタイミングとは?
人を上手に励ます方法4つ
人を励ます際に注意したいこと3つ
かけられたら嬉しい!5つの励ます言葉
人を励ます名言や歌をご紹介
励ます言葉をかける際には相手の気持ちに寄り添おう

「励ます」の意味と類語

励ますには、「元気づける、力づける、激励する」などの精神的・心理的に相手を支え助けるという意味があります。また、「相手の気持ちが奮い立つようにしてあげる」という相手を勇気付ける意味も。

No image

また、励ますには「力付ける」「引き立たてる」「激励」などの類語があります。励ます言葉は、病気や受験失敗、事業失敗などのネガティブな場面でよく用いられます。

人を励ます言葉をかけるべきタイミングとは?

以下のようなタイミングで人を励ます言葉をかけましょう。

・仕事で失敗したとき
・失恋したとき
・病気になったとき

落ち込んでいたり、悲しんでいたりするときは誰かに励ましてほしいものです。家族や友人に適切なタイミングで励ます言葉をかけられるよう、人はどのようなタイミングで励ましてもらいたいと思っているのかを把握しておきましょう。

■仕事で失敗したとき

人を励ます言葉をかけるタイミングの一つは仕事で失敗したときです。自分のミスや予期しなかったトラブルで、仕事で失敗を招いてしまうこともあるでしょう。

ときには、多くの人に迷惑をかけてしまう大きな失敗につながることも。仕事で失敗した場合、自信がなくなったり、精神的に辛く心が折れそうになったりしたとき、人は誰かからの励ましの言葉を必要とする場合があります。

■失恋したとき

2つ目のタイミングは失恋したときです。恋人と別れてしまったり、好きな人に告白して振られてしまったりして失恋したとき、人は励ましの言葉を必要とします。

相手への思いが強ければ強いほど失恋の傷は大きく、目の前が真っ暗になってしまい、ときにはふさぎ込んでしまうこともあるでしょう。そんなとき、励ましの言葉が助けになるかもしれません。

■病気になったとき

3つ目に考えられるタイミングは病気になったときです。病気になると、仕事に行けなかったり思うように日常生活を送れなかったりしてストレスが貯まってしまいます。

また、周囲へ迷惑をかけていることから申し訳なさを感じ、精神的に辛い状態になる場合も。そのような際に、周りからの励ましの言葉があれば、つらい状態を乗り切れるでしょう。

人を上手に励ます方法4つ

人を上手に励ます際には、以下の4つのような方法を用いるといいでしょう。

No image

1.相手のタイミングを見て言葉をかける
2.優しいトーンで言葉をかける
3.スキンシップを取り入れながら言葉をかける
4.聞き役に徹し相手を見守る

人を上手に励ます際には、相手の様子を見ながら適切な方法で励ますことが重要です。どのように人を上手に励ませばいいのか把握しましょう。

1.相手のタイミングを見て言葉をかける

人を上手に励ます1つ目の方法は相手のタイミングを見て言葉をかけることです。落ち込む出来事があってからすぐに相手を励ましても、「そっとしておいてほしい」「今は誰とも話したくない」と思われてしまう場合があります。

そのため、相手の状態を見極めて言葉をかける必要があるでしょう。タイミングがわからない場合は、「いつでも話を聞くよ」と伝え、相手から話を打ち明けてくれるまで待つのもひとつの手。

励ます言葉をすぐにかければいいのではなく、ときには見守ったり寄り添ったりすることも必要なのです。

2.優しいトーンで言葉をかける

人を上手に励ます2つ目の方法は優しいトーンで言葉をかけることです。たとえば、ノリがいい友達が落ち込んでいる際に、いつものような調子で声をかけるのは避けたほうがいいでしょう。

また、普段とは違う様子に「らしくないね!」などよかれと思ってかけた言葉で、相手をさらに追い詰めてしまう可能性があります。

落ち込んでいる原因によっては、明るいトーンで話しかけることはNGなため、相手の心の状態がわからないときは、優しいトーンで励ます言葉をかけるといいでしょう。

3.スキンシップを取り入れながら言葉をかける

人を上手に励ます3つ目の方法はスキンシップを取り入れながら言葉をかけることです。深く落ち込んでいる場合、人は孤独を感じてしまうことがあります。

そのため、励ます言葉をかけるとともに、背中をさすったり手を握ってあげたりすることで、人の体温を感じ安心感を与えられるでしょう。スキンシップを取り入れることで、相手を効果的に励ませるのです。

4.聞き役に徹し相手を見守る

人を上手に励ます4つ目の方法は聞き役に徹し相手を見守ることです。落ち込んでいる相手を励まそうと、明るい話を持ちかけたり、気を紛らわせるよう飲み会や遊びに誘ったりしてしまうことは多くあります。しかし、問題の根本を解決しないことには状況は改善できません。

そのため、まずは相手に寄り添いながら話を聞いてあげることが大切です。相手も話を聞いてもらうことで気持ちが整理でき、問題解決につながるかもしれません。

人を励ます際に注意したいこと3つ

人を励ます際には次のような3つのことに注意しましょう。

No image

1.アドバイスするのはNG
2.頑張っている人に「頑張って」はNG
3.相手を否定するのはNG

励まし方を間違えてしまうと、かえって相手を追い詰めてしまう可能性もあります。落ち込んでいる相手に間違った励まし方をしないためにも、注意点を覚えておきましょう。

1.アドバイスするのはNG

人を励ます際にアドバイスはNGです。落ち込んでいるときには心に余裕がないため、人からのアドバイスを聞き入れられない場合があります。

相手の悩みを解決してあげたいという思いから、ついついよかれと思ってアドバイスをしてしまうこともあるでしょう。しかし、相手にとっては自分の行動や言動を否定されたと捉えられてしまうことも。

落ち込んでいる人は「ただ誰かに話を聞いてほしい」「自分に共感してほしい」と思い相談している場合が多いため、まずは聞き役に徹してあげましょう。

2.頑張っている人に「頑張って」はNG

人を励ます際に、頑張っている人に「頑張って」と伝えるのはNGです。相手を励ます際に「頑張って」という言葉を使ってしまうことがありますが、この言葉は相手にプレッシャーを与えてしまう可能性があります。

伝えられた相手は、「これ以上どう頑張ればいいんだ」と心が傷ついてしまうでしょう。また、相手に「あなたは頑張っていない」と意図しない意味で伝わってしまう可能性もあります。

3.相手を否定するのはNG

人を励ます際に相手を否定するのはNGです。たとえば、仕事でのミスや、人間関係のトラブルで、落ち込んでいる本人に非があることもあるでしょう。

しかし、「あなたも悪かったね」と相手を否定する言葉を伝えてしまうと、さらに相手を傷つけてしまう恐れがあります。おかしいと感じる部分があったとしても、まずは相手を否定せず共感しながら聞き役になってあげることで、うまく相手を励ませるでしょう。

かけられたら嬉しい!5つの励ます言葉

人を励ましたい際には、次の5つのかけられたら嬉しい励ます言葉を用いるといいでしょう。

No image

・「よく頑張ったね」
・「大変だったね」
・「大丈夫だよ」
・「いつでも話を聞くよ」
・「応援しているからね」

励ます言葉には、さまざまなものがあります。シンプルで相手に伝わりやすい言葉を用いるといいでしょう。シーンごとに適切な言葉は異なるため、相手の状況を見ながら元気づけてあげられる言葉を選択しましょう。

励ます言葉 1.「よく頑張ったね」

人を励ます言葉としてよく用いられるのが「よく頑張ったね」です。仕事でミスを起こしてしまったときや、スランプでうまくいかないときに人は誰かに自分の頑張りを認めてほしいと思うことがよくあります。

そのため、「よく頑張ったね」と声をかけることで、相手は自分の努力が認められたと思い、心が救われるでしょう。また、恋愛で疲れてしまった相手にも、この言葉をかけるといいです。

励ます言葉 2.「大変だったね」

「大変だったね」という言葉は、共感を示せるため相手の心を軽くできるでしょう。優しく声をかけることで、相手は「同じように感じてくれる人がいるんだ」と思い、嬉しく感じます。

ただ自分の経験した話を用いて共感しようとすると、相手に「状況が違うのに自分の気持ちを理解できるわけがない」と反抗的な感情を与える可能性が高いです。「自分の方が大変だった」という意味合いで伝わらないように、注意して言葉を用いましょう。

励ます言葉 3.「大丈夫だよ」

「大丈夫だよ」とシンプルに励ますのもいいです。相手を励ますのに気の利いた言葉を考える必要はなく、シンプルな言葉だからこそ相手の心に響き、勇気づけられることもあるでしょう。

とくにネガティブな思考の人は、少しの失敗でも落ち込みやすいです。そのため「大丈夫だよ、〇〇ならできるよ」と声をかけることで、相手は前向きな気持ちになるでしょう。

励ます言葉 4.「いつでも話を聞くよ」

落ち込んでいる人は、誰かに自分の気持ちを聞いてほしいため「いつでも話を聞くよ」「私でよければ話を聞くよ」と相手を受け入れる言葉をかけてあげるといいです。

なかには、自分からSOSを出したり、悩みを打ち明けたりできない人もいます。いつもと様子が違うなと感じた際には、「なにかあった?話を聞くよ」と声をかけましょう。「自分を気にかけてくれる存在がそばにいる」と相手に伝わります。

励ます言葉 5.「応援しているからね」

「応援しているからね」と一言声をかけることにより、相手に「自分を応援してくれる人がそばにいるんだ」と感じてもらえるでしょう。

とくに、目標に向かって頑張っている人や、周囲の期待を力に変えられる人には、積極的に応援していると伝えるといいです。悩みや問題に向かって、立ち向かえる勇気を相手に与えられるでしょう。

人を励ます名言や歌をご紹介

人を励ます名言として坂本龍馬、ニーチェの言葉や、人を励ます歌としてZARDの『負けないで』とDREAMS COME TRUEの『何度でも』をご紹介します。

No image

■人を励ます名言

「坂本龍馬」の名言

人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある

幕末の志士である坂本龍馬の名言です。一つのことに向かって頑張っていた人が失敗したとき、とても落ち込んでしまうでしょう。しかし、道はひとつしかないのではなく、視野を広げれば他の道もあるんだと気付かせてくれます。

「ニーチェ」の名言

世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら進め。

ドイツの哲学者であるニーチェの名言です。辛く厳しい試練を与えられたとき、それは自分だけに与えられた道であると気がつかされ、頑張れる力を与えてくれます。

■人を励ます曲

ZARDの『負けないで』

第66回春の選抜高校野球大会の入場行進曲になった応援ソングの定番。1993年のリリースながら、いまでも衰えない人気の名曲です。

「負けないで頑張れ」と応援されているように感じるため、仕事で苦しいときなどに聞くと、自分自身を鼓舞でき力をもらえるでしょう。

DREAMS COME TRUEの『何度でも』

ドラマ「救命病棟24時」の主題歌であり、東日本大震災後にはラジオ局で何度もオンエアされるなど、多くの人を勇気づけてきた応援ソング。

落ち込んでいるときに聞くと、「失敗しても諦めず何度でも挑戦しよう」と背中を押してくれます。

励ます言葉をかける際には相手の気持ちに寄り添おう

励ますには「元気づける」という意味があり、「力づける」などの類語があります。励ます言葉は主に、仕事や恋愛で失敗したり、病気で落ち込んだりしている相手にかけます。

No image

その際には、優しいトーンで声をかけ、聞き役に徹してあげることがポイントです。アドバイスをしたり「頑張って」と伝えることは、逆に相手に負担をかける可能性があるため注意が必要です。

大切な人が落ち込んだときは、相手の気持ちに寄り添いながら上手に励ましてあげましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「慰める」の意味とは? 慰めるときのポイントや効果的な慰めの言葉をご紹介
相手の気遣いに対する感謝を表す「ご心配ありがとうございます」|正しい使い方と注意点

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加