フット後藤、『M-1』優勝後の苦悩を告白「『いける』と思っていた」

フット後藤、『M-1』優勝後の苦悩を告白「『いける』と思っていた」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基が22日、坂上忍が司会を務めるABEMAトーク番組『デマ投稿を許さない』(毎週水曜23:30~)にゲスト出演し、『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系)優勝後の苦悩を告白した。

坂上忍、フット後藤の“MC術”を分析「本当すぐイライラするから…」

2003年の第3回で『M-1』王者となったフットボールアワー。当時、業界内で「フットボールアワーは扱いづらい」という印象を抱かれていたことを、後藤は「実際そんなところもありました」「大阪から出てきて『自分らはいける』と思っていた」と振り返り、番組などで用意された企画書を見て「それ面白いですかね?」と返すなど、尖っていた時代があったという。

また、『M-1』優勝直後は様々な番組に呼ばれたものの、その後のオファーは次第に減少。そんな状況の中、2005年に『M-1』優勝を飾ったブラックマヨネーズに「ビビったんですよ。おもろすぎて」と衝撃を受けた。悔しさや焦りから「誰もやってない“V2”を狙おう」と一念発起し、2度目の優勝を目指した経緯を明かした。

ところが、「岩尾はプライド高いから『今じゃない!』みたいな」「4時間特番一言も喋らない。それでベンツ乗って帰っていく。どういう神経してんねん!」と相方・岩尾望は乗り気ではなかったことも述懐。岩尾を前面に出すスタイルから、後藤自ら話しをするようにシフトチェンジしたことで周囲が後藤をイジるようになり、自然と自分の立ち位置が変化していったという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加