「パリピ孔明」主人公・月見英子役はダブルキャスト 演技は本渡楓、歌唱はアニメ初出演の96猫

「パリピ孔明」主人公・月見英子役はダブルキャスト 演技は本渡楓、歌唱はアニメ初出演の96猫

  • アニメハック
  • 更新日:2022/01/17
No image

エンディング主題歌はmihimaru GT「気分上々↑↑」のカバー!(C)四葉夕卜・小川亮・講談社/「パリピ孔明」製作委員会

4月5日からスタートするテレビアニメ「パリピ孔明」の追加キャスト、第1弾PV、本ビジュアル、エンディング主題歌が一挙に発表された。主人公・月見英子役は演技と歌唱をわけたダブルキャストであることが明らかになり、演技を本渡楓が務め、歌唱はアニメ初出演の96猫が担当するがわかった。

本作は、渋谷に転生した「三国志」の天才軍師・諸葛孔明(CV:置鮎龍太郎)が、駆け出しのアーティスト月見英子の夢をかなえるため軍師としてサポートすることになり、音楽シーンに革新を巻き起こしていく姿を描く。

既に発表されていた置鮎と本渡に加えて、新たに出演が明らかになった96猫は、10〜20代を中心に動画投稿サイトで人気の歌い手。英子の歌唱シーンを担当するほか、エンディング主題歌「気分上々↑↑」も担当する。同曲は、「mihimaru GT」が2006年にリリースした大ヒット曲のカバーとなっている。

さらに追加キャストとして、千葉翔也、山村響、福島潤が出演。MCバトル選手権3連覇のラッパーだが、現実逃避の日々を過ごしているKABE太人役を千葉、英子の親友でアーティスト活動をしている久遠七海を山村(歌唱キャストは未発表)、渋谷のクラブ「BBラウンジ」オーナー小林を福島が演じる。

第1弾PVは、エンディング主題歌「気分上々↑↑」とともに、主要キャラクターたちがテンポよく映し出される。本ビジュアルも、カラフルなレーザーが飛び交う“ギラギラしたライブ感”あふれるデザインに仕上がっている。

「パリピ孔明」は4月5日からTOKYO MX、MBS、BS日テレで放送開始。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加