【ソリオ 】は車中泊にどう?使い勝手を徹底調査!快適グッズもご紹介!

【ソリオ 】は車中泊にどう?使い勝手を徹底調査!快適グッズもご紹介!

  • MONEY TIMES
  • 更新日:2021/10/14

新しい車を購入しようとした時、「○○な車が良い」というような希望があるはずです。もし迷っているのなら、ソリオがおすすめです。見た目は大きくないものの、車内は見た目以上に広く開放的なので、家族で乗る車としても便利だからです。

ここではそんなソリオについて詳しく解説しています。ソリオに乗ることでの魅力、メリット、特徴などをまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

■スズキソリオの魅力とは?

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

スズキと言えば軽自動車がメインかつ人気ですが、ソリオは軽自動車ではなく、普通乗用車に分類されます。ではなぜ軽自動車ではなく、普通自動車のソリオが人気なのでしょうか。ここでは、スズキソリオが愛される理由についてご紹介いたします。

●コンパクトなのに室内が広い

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

ソリオは見た目がコンパクトですがその見た目とは裏腹に、車内はとても広い空間が魅力的です。室内長2,500㎜と開放的で、家族みんなが座ってもゆったりと過ごせるように設計されています。そして荷物もたっぷり積めるので、お買い物やデートにも大活躍してくれるはずです。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

肝心の運転席もガラスエリアが広く、高い位置から景色を見渡せるようになっているため、リラックスしながら運転できるようになっているところがポイントが高いと言えるでしょう。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

そしてどなたでも運転しやすいように、シートの高さを細かく設定することができます。体格は1人1人違うので、シートの位置を変えることで、より運転しやすい環境を自分自身で作れるようになっているというところも嬉しいです。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

更にリヤシートスライドを使用すれば、足元をもっと快適に、広く使えるようになります。逆にシートの間を狭めることで荷物置き場が広くなるので、いつも以上に荷物を積む予定がある場合も、臨機応変に対応することが可能です。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

シートの位置を変えるだけで自転車もラクラク積めるようになるなど、ソリオには色々な使い方があるというところが最大の魅力ではないでしょうか。ただ乗るだけではなく、時と場合によって、色々なパターンで快適に利用できるように工夫されています。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

室内の広さだけではなく、荷物を置くスペースもたっぷり確保しています。仮に5人乗りで旅行したとしても満足できる容量のスペースとなっていますので、乗り心地だけではなく、普段利用する時も使い勝手が良いです。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

ちなみに荷物スペースの床下にはサブトランクが用意されていますので、そちらにも荷物を入れることで快適さを更にプラスできるでしょう。

●アウトドアによく合うおしゃれなデザイン

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

スズキソリオはボディのカラーバリエーションも豊富なので、誰かとカブりたくないという方にもおすすめです。

深みのあるメロウディープレッドパールや鮮やかなネオンブルーメタリック、スタイリッシュなクラッシーブラウンメタリックなど、どれもおしゃれ感溢れるデザインとなっています。普段のお買い物でも、アウトドアでも、目を惹くような美しさが魅力です。

●使いやすく快適に過ごせる

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

基本的にソリオはどこに座っていてもクッションが素晴らしい上にゆっくりできるので、快適な時間は約束されます。車内が広く設計されていることで、足を伸ばしながら楽しい時間を過ごせるようになります。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

そしてソリオは更に快適さをキープするために、スリムサーキュレーターを採用しました。車内の空気を循環させることで温度を一定に保てるようになっています。

今までの車はエアコンを入れると前席は快適になるものの、後席までは快適さをキープできないというデメリットな部分があったのは事実です。その残念寝部分を改善して、前席でも後席でも、常に快適な温度や空気感で過ごせるように設定されています。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

ちなみにフロントガラスには紫外線を99%カット+ブロックできるように加工しています。プレミアムUV&IRカットガラスを使用することで赤外線もブロックできるようになっているため、乗るだけで体への害を防げるようになっています。

日差しを直接目にしなくて良いというところと、日差しを車内に取り込まなくなることで、車内の温度も急激に上がらなくなります。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

もちろん後席への配慮も忘れません。リアドアにロールサンシェードをセットしていますので、日差しが強いときはサッと引き出して、快適な空間を守りましょう。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

夏だけではなく、冬でも快適に過ごせるように運転席・助手席シートヒーター&リヤヒーターダクトを採用しています。足元の冷えを解消できるように、ダイレクトに暖かさが伝わるようになっているので、後席に座っていても困ることはありません。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

ちなみにスズキソリオはスライド式ドアを採用しているため、狭い場所や駐車場に停車しても、左右を気にすることなくドアを開けて乗り降りしやすくなっています。特に小さなお子様がいるご家庭だとドアの開閉が心配な部分もあるので、とても便利ではないでしょうか。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

乗り降りする時の高さも重視していて、低いステップにすることで小さなお子様だけではなく、ご年配の方もソリオを利用しやすいようになりました。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

乗降グリップを設置しているので、体を支えながら乗り降りできるようになっています。このさり気ない設備が転倒を予防して、安全なカーライフを送れるような仕様になっています。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

ソリオはそれだけではなく、車内はフロントシートセンターウォークスルー仕様です。運転席や助手席から後席に移動したいとなった時も、1度外に出ることなく、車の中を自由に行き来してスムーズな移動が実現します。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

車の中でスマホやタブレット、ノートパソコンの充電を行う方もいるのではないでしょうか。ソリオが凄いのは前席だけではなく、後席にもアクセサリーソケットが取り付けられていることでしょう。

そして助手席にはUSB電源ソケットを2個セットされていますので、乗車人数が多くても、満足の内容となります。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

ナビも大画面の9インチHDディスプレイを搭載することで、運転席からだけではなく、助手席からも見やすいようになっています。もちろんお手持ちのスマホと連携させることもできるので、更に利便性はUPするはずです。

●安全技術満載で安心して走れる

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

スズキソリオはスズキの安全技術を採用することで、どなたが運転したとしても常に安全運転ができるようにサポートされています。アダプティブクルーズコントロール機能を搭載することで、前を走行している車との車間距離を自動的にキープできるようになります。

特に長時間の運転は疲労が伴いますので、あらかじめ便利な機能を利用することで、運転の労力を少し軽減することができます。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

前方不注意による車線のはみ出し走行を防ぐために、左右の車線を認知して、危なくなるとブザー音で警告してくれます。また普段の自動車走行のパターンを認識して、ふらつき運転になったところでもブザー音が鳴る仕組みを採用しています。

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

視界が暗くてハイビームにしても、前方に車がいる場合や、明るい場所を走行するようになると、自然とロービームに切り替えるようにシステム化されています。周りへの迷惑防止にもなりますので、トラブルに発展することがありません。

■ソリオで車中泊!シートアレンジの方法

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

車中泊をする時はすべてのシートを倒すフルフラットモードを利用しましょう。または助手席+後ろのシートをたたむようにするすることで、簡易ベッドのような空間に変わります。

どちらの状態でも体を休めるには問題ありませんが、更にマットを敷くようにすれば、ふわふわのベッドと同じような感覚で安眠できるようになるのでおすすめです。

■ソリオ車中泊におすすめオプショングッズ

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

ここでは車中泊をするにあたって、あると便利な快適グッズをチェックしてみましょう。車の中とは思えないような快適さをサポートしてくれるグッズなので、参考にしてみましょう。

●おすすめ①純正クッションマット

No image

(画像=引用:amazon、『工具男子』より引用)

ゆっくり眠れるようにするためにも、純正クッションマットがあると便利です。段差を気にせずにフラットな状態にして体を休めることができるので、車中泊でも自宅のベッドかのような快適さがあります。

●おすすめ②マルチルーフバー

No image

(画像=引用:楽天市場、『工具男子』より引用)

マルチルーフバーを設置すれば、天井も有効活用してちょっとした荷物置き場にすることもできます。例えば釣りのロッドホルダーなどの長いものもスッキリ収納できるようになるでしょう。

●おすすめ③シェード

No image

(画像=引用:楽天市場、『工具男子』より引用)

シェードを設置すれば、外部から車内を覗かれることもありません。プライバシーを守るのにも最適で、安心した車中泊を楽しめるはずです。メッシュ素材も一部採用していますので、通気性も抜群です。

■ソリオにおすすめの便利車中泊グッズ!

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

時間を忘れて楽しめる車中泊をサポートしてくれるグッズをご紹介いたします。荷物を置くスペースに積んでおくことでいつでも車中泊が快適になるので、車中泊を考えている方は購入を検討してみましょう。

●おすすめ④ソリオ カーテン サンシェード

No image

(画像=『工具男子』より引用)

1.光りを遮断
2.防水機能

『ソリオ カーテン サンシェード』は外部の光や日光を完全に遮断してくれる便利アイテムです。車内でゆっくりくつろぎたい時に活用すれば、周りの目を気にすることなく休めるでしょう。クッション性に優れていますので、ガラスを傷つけるリスクも少ないです。

しかも防水加工が施されていて、万が一水に濡れるようなことがあっても安心です。また燃費を向上させる効果がありますので、エアコンを使用している時は、より室内の環境を安定させてくれることでしょう。

●おすすめ⑤ソリオ 専用サイドカーテンセット

No image

(画像=『工具男子』より引用)

Levolva<レヴォルヴァ>カーテンシリーズはドレスアップだけじゃなく実用性にも優れたカスタムパーツです
完全車種専用設計で純正レベルのフィット感と開いても閉じても美しいデザイン性を実現

『ソリオ 専用サイドカーテンセット』は美しいデザインのカーテンで、おしゃれに車内をドレスアップすることができます。

しかも取り付けが簡単というところが、使いやすさを更に実感できるのではないでしょうか。厚手の高級ストレッチ素材を採用していますので、遮光性も抜群です。ブラックカラーが更にエレガント感を演出してくれます。

●おすすめ⑥ソリオ 車中泊グッズ スペースクッション

No image

(画像=『工具男子』より引用)

『ソリオ 車中泊グッズ スペースクッション』があればシートの段差を解消して、完全フルフラットな状態で眠れる体制を維持できるようになります。クッション性も素晴らしく、ふわふわとしているだけではなくしっかりしているので、体が痛くなるようなことはありません。

もちろん車中泊だけではなく、ちょっとした休憩タイムでも利用しやすいタイプであり、使い方は様々です。使用しない時は重ねてコンパクトに収納できるため、荷物スペースに置くようにしましょう。

●おすすめ⑦ソリオ 車載エアベッド・マットレス 電動ポンプ付き

No image

(画像=『工具男子』より引用)

サイズ:展開サイズ164*132
商品内容:ベッド本体、電動ポンプ、リペアキット、ノズルx3、枕x2

『ソリオ 車載エアベッド・マットレス 電動ポンプ付き』は空気を入れて使用するベッドで、ふわふわのベッドがあっという間に完成します。

クッションの厚さは23㎝と非常に安定しているため、体が沈み込むことはありません。しかも生地は柔らかいベロア生地を採用しており、自宅のベッドで眠るような快適さがあります。枕も2個セットになっているので、購入したその日から車中泊が楽しめます。

●おすすめ⑧大判ブランケット

No image

(画像=『工具男子』より引用)

収納可能なブランケット-楽に持ち運び
ダウンの暖かい代替ブランケット

『大判ブランケット』は体全体をすっぽり覆ってくれるアイテムで、真冬でも体をじんわり暖めてくれるでしょう。ちなみに寝袋として使用することもできるので、1つあると色々な使い方が可能となります。

軽量化されているので女性でも持ちやすく、使わない時はクルクルと丸めて小さく収納できます。防水加工生地であることから、ジュースをこぼしてもサッと拭くだけでお手入れ完了です。通常のブランケットだと隙間から風が入ることがありますが、『大判ブランケット』はそのような心配がありません。

密封するかのように体を守ってくれるアイテムなので、冬の夜の車中泊にはピッタリな商品と言えるでしょう。使用した後は、小さくたたんでおくことができるため、常備しておくといいでしょう。

●おすすめ⑨BRISIE LEDランタン モバイルバッテリー

No image

(画像=『工具男子』より引用)

『BRISIE LEDランタン モバイルバッテリー』はオレンジ色の電球で、どこかぬくもりを感じられるようになっています。車中泊やキャンプでは周りが暗くて不便と感じることもありますので、ライトを常備するのは必須です。

LEDランタンなので非常に明るく、手元を照らしてくれるでしょう。USBケーブルから充電するタイプなので、車内でもシガーソケットから充電することができます。車中泊やキャンプで大活躍してくれるはずです。

●おすすめ⑩DOD LED ソーラー ポップアップ ランタン USB充電

No image

(画像=『工具男子』より引用)

サイズ:(約)直径85×H110mm
収納サイズ:(約)直径85×H60mm
重量(付属品含む):(約)161g

『DOD LED ソーラー ポップアップ ランタン USB充電』はミニマムサイズとは思えないほどの、ハイパワーで明るい照明です。200ルーメンの明るさを堪能しましょう。生活防水効果があるので、雨が降っても安心です。ちなみにソーラー充電も可能なのでエコであり、使い勝手が良いランタンと言えます。

■コンパクトでも室内が広い!ソリオは車中泊におすすめです

No image

(画像=引用:スズキ、『工具男子』より引用)

見た目がコンパクトでも車の中の空間は開放感があるので、ソリオは選ぶ価値があります。家族が多くても少なくても快適に過ごせるようになっていて、車の移動時間を楽しめるようになるはずです。

またフルフラットにできるので、車中泊にもおすすめの車種です。見た目はおしゃれに、そして内装は快適空間となっているのがソリオなので、新しく買い替える時はソリオを検討してみましょう。ご自身も家族も、大満足の車になることは間違いありません。

提供元・工具男子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加