37歳玉鷲、百戦錬磨の相撲勘 2度目賜杯へ王手 秋場所13日目

37歳玉鷲、百戦錬磨の相撲勘 2度目賜杯へ王手 秋場所13日目

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/09/23
No image

玉鷲(奥)が突き落としで錦富士を降す=東京・両国国技館で2022年9月23日、吉田航太撮影

大相撲秋場所13日目の23日、平幕の玉鷲が錦富士を降し、2敗を守った。

【写真特集】幕内20年ぶりの大技「伝えぞり」の瞬間

幕内在位78場所目の37歳と新入幕から2場所目の26歳。好対照な2人の一番は経験豊富なベテラン玉鷲に軍配が上がった。

立ち合いから錦富士に鋭く当たられ、とっさに右に動きながら突き落とし。踏ん張り、脚にすがりつこうとする相手を一押しし、最後は土俵にはわせた。

突き押しで攻める本来の取り口ではなかったものの、「当たりが強く、速かった。落ち着いていけてよかったなと思います」と白星に胸をなで下ろした。

土俵下の佐渡ケ嶽審判長(元関脇・琴ノ若)は「(立ち合いの)当たりは互角だったけど、玉鷲の相撲勘が良かった。錦富士も足腰がいいけど、玉鷲の上体は決して起きなかった」と評した。

玉鷲は前日の12日目に2敗目を喫していた。優勝争いを引っ張る重圧を感じたが、「負けた時は自分の悪い癖がよく出る。これできれいさっぱりになって、明日から(また)やろうという気持ちになる」。百戦錬磨の実力者らしく、気持ちを切り替えて連敗を免れた。

14日目に翔猿との一番に勝てば、1差で追う高安、北勝富士の結果次第で優勝が決まる。「緊張しないように、自分の相撲を取っていきたい」。自然体で2度目の賜杯をつかみにいく。【滝沢一誠】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加