香川県で530人新規感染 1人死亡 オミクロン対応ワクチンの接種が始まる<新型コロナ>

香川県で530人新規感染 1人死亡 オミクロン対応ワクチンの接種が始まる<新型コロナ>

  • KSB瀬戸内海放送
  • 更新日:2022/09/26
No image

香川県では23日、530人の新規感染と80代の女性1人の死亡が発表されました。

また高松市では22日夜、新型コロナウイルスのオミクロン対応ワクチンの接種が高松市で始まりました。

高松市役所に設けられた会場には、事前に予約した約120人が訪れました。

21日に高松市に届いたオミクロン対応ワクチンは3250回分で、今回は4回目の接種となる60歳以上の人や基礎疾患がある人、医療従事者などが対象です。

(接種を受けた男性)
「いまちょっと下火になってますけどこの冬またはやる可能性が高いということだったので、従来型打つよりも、今どうせ打つのならオミクロン対応ワクチンということで受けさせてもらった」

高松市では24日、25日もオミクロン対応ワクチンの接種を予定しています。事前予約が必要で今のところ空きがあるということです。オミクロン対応ワクチンは、香川県のほとんどの自治体で、10月上旬までに順次接種が始まります。

KSB瀬戸内海放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加