ボーイング、最後のジャンボ機をアトラスエアに1月31日引き渡し 747-8F、セレモニー生中継も

ボーイング、最後のジャンボ機をアトラスエアに1月31日引き渡し 747-8F、セレモニー生中継も

  • Traicy
  • 更新日:2023/01/25
No image

ボーイングは、最後に生産されたボーイング747型機を引き渡すセレモニーを、現地時間1月31日午後4時(日本時間2月1日午前6時)から開催する。

最後に生産されたのは、貨物機のボーイング747-8F型機で、アトラスエアに引き渡される。ウェブ中継も行われる。セレモニーには、従業員や顧客、サプライヤーなど数千人が参加する。イベントは一般公開されないものの、全世界から中継を視聴できるようにする。

ボーイング747型機は、1967年に製造を開始し、1970年に初就航。これまでに1,574機が製造された。ボーイング747-8型機は全長76.2メートルで、現役の民間機で最長の機体。新型コロナウイルスの感染拡大や市場の需要に対応し、2020年7月にボーイング747型機の生産を2022年をもって終了すると発表していた。

アトラスエアは、ボーイング747-8F、ボーイング747-400F、ボーイング747-400LCF(ドリームリフター)などを保有する、世界最大のボーイング747型機の運航会社でもある。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加