ジャニーズWEST・神山智洋、ショートケーキでフルボッコ!? アナウンサーの才能開花も意外なオチ

ジャニーズWEST・神山智洋、ショートケーキでフルボッコ!? アナウンサーの才能開花も意外なオチ

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/01/13
No image

ジャニーズWESTの冠番組『パパジャニWEST』(TBS系)が1月12日に放送された。

この日は「アナウンサーになりたい」という女の子の夢をかなえるために、ジャニーズWESTがTBSに潜入し、女の子とともに新人アナウンサー研修を受けることに。スタジオを見学したほか、滑舌の練習、原稿読み、食リポなどに挑戦した。

そんな中、意外な才能を見せていたのは神山智洋。滑舌の練習で、「この竹垣に竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけたのです」という早口言葉を言ってみる際には、ほかのメンバーがなかなかうまくできない中、スムーズにクリア。メンバーたちを案内してくれていた堀井美香アナウンサーも絶賛し、「滑舌グッドアナ」に認定されていた。

その後の原稿読みでも、小瀧望が時間内に間に合わず大事故を起こし、中間淳太が余った時間にアドリブで勝手な言葉を入れて叱られる中、神山はスムーズに時間内に読むことに成功。「すごい!」「新たな才能」と絶賛されていた。

そんな中、この日最後に挑んだ食リポで、神山のお題となったのはショートケーキ。まず「みなさん見てください、こちらのショートケーキ、断面きれいですね~。イチゴが中に入っていて」と見た目をリポートしてから一口食べ、「生クリームがね、非常に濃厚で甘くてですね、このイチゴの酸味ととても合います」と絶賛したところまではよかったものの、その後は「2口目いってみたいと思います……3口目いってみたいと思います」と食べてばかり。しゃべることがなくなり、誤魔化すように笑いながら、ケーキを口に運び続けていた。

食リポ後、「シンプルすぎてむずかった、めっちゃ」と嘆いていた神山だったが、堀井アナから、「おいしいじゃなくて、どうおいしいかの一歩ですよね。生クリームのコクだとか、クリーム感とかそのサラサラしてるのか、もうちょっとかためなのか、その食感とか」と言われてしまう。神山は苦笑いしきりで「ショートケーキでフルボッコ!」と自虐していた。

この日の放送に視聴者からは、「才能あるかと思ったら、本当にフルボッコにされてて笑った」「ショートケーキでフルボッコは名言!」「食べてばっかりの姿も可愛かった!」という声が集まっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加