ヨガ業界でも大注目!話題のNVC(非暴力コミュニケーション)とは?

ヨガ業界でも大注目!話題のNVC(非暴力コミュニケーション)とは?

  • fuelle
  • 更新日:2022/09/23

NVC(非暴力コミュニケーション)を学ぶヨガインストラクターが急増中!

筆者も10年前から学んでいます。

ヨガインストラクターを目指す理由に、ヨガ哲学の「非暴力」という考えに魅せられたことがきっかけになったと話す人は少なくありませんが、この「非暴力」という共通のキーワードに惹かれNVCを学びはじめるインストラクターが多いようです。

ここではNVCの基礎知識や実践方法について詳しく解説。

■ NVC(Non Violence Communication非暴力コミュニケーション)とは?

No image

(画像=『yoganess』より引用)

NVCとは1970年代にアメリカの臨床心理学者のマーシャル・B・ローゼンバーク博士によって体系化され提案された「平和的コミュニケーション」の手法のことです。

私たちが幸せに暮らせるかどうかは、金銭的な状況や健康状態よりも人間関係にかかっています。

しかし、多くの人が人間関係で不満や悩みを抱えています。

人間関係さえ良くなれば、今よりもっと幸せになれるのに…。

そう考えている人は少なくないはずです。

しかも人間関係の問題は遠くの人との間に起こるのではなく、家族や仕事仲間など自分と距離が近い人との間に生じるもの。

つまり、縁があって繋がった身近な相手とこそ良好な関係が築ければ人間関係の問題は起こりにくくなります。

NVCでは自分と縁がある人、目の前にいる人と深くつながり関係性を育んでいくことを目標とします。

必ずしもわかり合う必要はありません。

双方のあり方や望みを尊重し、傷つけあうことなく、双方にとって居心地の良い関係性を築くために会話をする。これがNVCの目標です。

■ 私たちが普段使っている言葉のほとんどが「暴力的」だった

No image

(画像=『yoganess』より引用)

なぜ、私たちは目の前にいる人と深く繋がることができないのか。

それは私たちが日常で使っている言葉のほとんどが「判断・批判・分析・取引」から成り立つ、非常に暴力的な言葉で会話をしているからだとNVCでは教えられます。

例えば、親が子どもによく言ってしまう「●●してくれてありがとう」「◯◯できてえらいわね」でさえ、ジャッジ(判断)が入った暴力的な言葉なのです(NVCではジャッカル語と表現)。

他にも「この仕事、来週までに完成させておいて」と上司に言われたとして、「偉そうだ、急すぎる、やらないと評価が下がるかも」などと自己判断し、勝手に嫌な気持ちになったり相手を嫌いになったりしてはいないでしょうか。

これも相手の言葉を「判断・批判・分析・取引」によって理解しているから。

さらに上司のリクエストに対し「そんなこと急に言われてもできません」と返したとしましょう。

これも「判断・批判・分析・取引」に基づく反応で、これでは上司をさらに苛立たせてしまいます。

しかし、私たちはこのような不毛な会話を繰り返し、人間関係や日常生活がうまくいかないと嘆いているのです。

お互いが双方の本意を理解しないまま、勝手な自己判断で安易に反応しているだけのコミュニケーションは非常に暴力的で誤解を生みます。

これが人間関係を分断させる原因だとNVCでは考えるのです。

NVCでは相手の本意がわかるまで双方が傾聴を続け、さらにその上で双方が本当に「必要としていること(ニーズ)」を双方ともに満たすことを目標とします。

そのためには丁寧で粘り強い会話が不可欠です。

短く・早く・わかりやすく・扇動的に・強めに言葉を発することが「よし」とされる現代のコミュニケーションとは真逆と言っても良いでしょう。

■ NVCの具体的な実践方法は?

No image

(画像=『yoganess』より引用)

では、先の会話をNVC的にするとしたらどうすればいいのか?

NVCには具体的なやり方が示されていて、やることはたった4つとシンプルです。

全ての会話や出来事を

「ステップ1:観察」

「ステップ2:感情」

「ステップ3:必要としていること(ニーズ)」

「ステップ4:お願い(リクエスト)」

の4つのプロセスで深く観察し、そのうえで言葉を発するという方法になります。

例えば、子どもがしたことに対して「◯◯できてえらいわね」といきなりジャッジを下すのではなく、じっくり観察します。

どのような状況でそれをしてくれたのか、それができたことでお子さんと自分はどのような感情を抱いているのかを具体的に感じとってみます。

すごいな、頑張っているな、この前教えたことを真似ているのだな、私はこの成長を見ることができて幸せだな、ありがたいな、など「えらいわね」で終わらせる前に、しっかり感じとってみます。

さらに、そこから自分の必要なことや、お願いがあればそれを伝えます。

「とっても嬉しいからこれからもそうしてくれたら助かる」とか「これからもこうやって伝えてほしい」などです。

仕事を依頼した上司の例であれば「この仕事、来週までに完成させておいて」という言い方では自分の心の奥底にある気持ちを表現できていません。

なぜ来週までに完成させる必要があるのか、なぜその部下に頼む必要があるのか、なぜ今頼んでいるのか、どんな風にその仕事を完成させてほしいのか、など言葉を尽くして状況や真意を伝える必要があります。

それをせずに一方的に短い言葉で要求しているだけなので、その言葉が「暴力的」になってしまい、相手からも暴力的な反応を生じさせてしまっているのです。

■ NVCを用いた具体的な会話の事例

No image

(画像=『yoganess』より引用)

では、この事例で上司の方から状況をNVCの4つのステップで分解してみましょう。

ステップ1:観察「部下にさせたほうが良いと思う仕事が急に発生した」

ステップ2:感情「部下ならやれる。部下がやって当然だ、自分がやるべきではないと感じている」

ステップ3:必要としていること(ニーズ)「期日を決めて部下を動かすこと。部下に仕事の経験をさせること。自分の役割を果たすこと。それで満足感や達成感、使命感を得たい」

ここまでのプロセスを踏むと、部下に依頼する言葉となる「ステップ4:お願い(リクエスト)」もかなり変わってくるはずです。

例えば「僕にとっても急な仕事が発生してしまった。業務の内容的に僕がやるよりも上司として君にこの仕事をお願いする事が妥当だと判断している。急で悪いが、来週までに仕上げてもらうことはできないだろうか」

こういう言い方をするだけで、部下も少しは「聴く耳」を持てるはずです。

部下の反応もNVC的に分化してみましょう。

ステップ1:観察「急に仕事を無茶振りされた」

ステップ2:感情「仕事を頼まれることは嫌ではないが、急に無茶振りされるのは嫌」

ステップ3:ニーズ「もう少し時間か、協力者を用意してくれればなんとかなる」

ステップ4:お願い「一人で来週までに仕上げるのは難しいですが、力になりたいので、誰かサポートしてくれる人を用意してもらうか、先輩がサポートしてくれませんか」とお願いする。

どうでしょう?会話から暴力的な部分が取り除かれ、やっとコミュニケーションが成立しています。

これらはあくまでひとつの事例に過ぎませんが、NVCではあらゆる会話をこのように丁寧にステップを踏んで進めていくことを目標としています。

「察して」「言わなくてもわかる」は通じません。

関係性が近い相手とこそ丁寧に会話を進め、双方の本当の「ニーズ」を探り、それを叶えることが目標なのです。

■ NVC的な会話には毎日の練習が不可欠

No image

(画像=『yoganess』より引用)

NVC的な会話をするには日々の練習と実践が欠かせません。

ヨガの練習と同じです。

日常生活でイラッとする場面があればそれはNVCの練習のチャンスと捉え、なぜ今気持ちが動いたのか、自分の内面を掘り下げるようにします。

イラッとした場面を掘り下げると大抵の場合、奥底には「私のことをわかってくれていない」「こちらの気持ちを理解してくれていない」「私の気持ちにもなって」といったものがあるはずです。

そう感じるのであれば、ニーズは「私を理解してほしい」になるので、「私の状況や心」をより細かく伝える必要があります。

言葉にして伝えなければ相手が理解してくれることはありません。

「イラッとした」「ムカついた」「黙って我慢する」で終わらせず、「そういう言い方に傷ついた」「私の状況を理解せずに▲▲と一方的に言われて悲しかった」などより細かく気持ちを伝え、「私の○○を理解してほしい」とニーズを伝える必要があるのです。

ちなみに、自分のニーズを知るだけでもイライラや怒りが消えることが多くあります。

相手に自分のニーズを叶えてもらう必要はなく、自分の気持ちを自己理解するだけで、自分で自分のニーズを叶えることもできるからです。

■ 「今日はいい天気だね」「夜は雨らしい」にさえイラっとする理由

No image

(画像=『yoganess』より引用)

すべての会話には「ニーズ」が隠れているとNVCでは考えます。

「今日はいい天気だね」という状況を表現しただけの短い言葉にも「だから良い1日にしよう」とか「どこかへ出掛けたいな」とか「誘ってほしいな」とか「おひさまの光は気持ちがいいな、それをあの人にも感じてほしいな」など、本当はあなたなりのニーズが隠れているはずです。

でも、そのことに自分自身も気がついていないことも多いでしょう。

しかし、自分のニーズがわかっていないと「今日はいい天気だね」に対し「夏だから当たり前でしょ」や「だから?」や「夜はゲリラ豪雨らしい」など、全く悪気がない相手の反応にあなたはがっかりしてしまうはずです。

ひどい場合は「もうあなたとは話したくない」となるか、なぜか口論が生じます。

まずは自分が発する言葉の奥にはどんなニーズがあるのかを理解する必要があります。

そのためにNVCでは「自己共感ノート」といった練習法も用意されています。

また、相手が何気なく発している言葉にも必ずニーズがあると考え、適当に返答する前に相手のニーズを引き出す投げかけをします。

例えば「今日はいい天気だね」と言われたら、「そうだね」と共感した上で「こんな天気がいい日はどんな気持ち?」「最高の天気にしたいことはある?」などニーズを引き出すための投げかけをするのです。

つまり、これが会話です。

この「共感」と「傾聴」のプラクティスもNVCの講座ではたくさん用意されています。

■ まとめ

No image

(画像=『yoganess』より引用)

NVCは本を読んで学ぶこともできますが、実際にNVCの練習をしているサークルに入って実践を重ねたり、ワークショップや講習に参加して学ぶこともできます。

もちろん身近な人との会話の中で練習するのも良いでしょう。

NVCを学んだことで家族関係や人生が激変したという人は少なくありません。

ヨガと同様、自分のあり方を変えるだけで世界が変わる素晴らしいツールですので、ぜひ学んでみてください。

提供・yoganess

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加