RUN伴+あさお 70団体超で認知症啓発 ボーイズレビューも出演〈川崎市麻生区〉

RUN伴+あさお 70団体超で認知症啓発 ボーイズレビューも出演〈川崎市麻生区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

認知症にやさしいまちづくりを目指す啓発イベント「RUN伴(とも)+あさお」が9月17日、新百合ヶ丘駅南口ペデストリアンデッキで開催された。医療・介護・福祉関係者らを中心に結成された同実行委員会が主催。

今回は、同日に行われた「しんゆりフェスティバル・マルシェ」の中で、3年ぶりにステージイベントを実施。川崎を拠点にレビューの文化芸術を発信している神崎順さんと、ボーイズレビューユニット「10carats」が出演し、認知症啓発や関係者を応援したほか、取り組みに賛同した人たちの写真を集めた動画などをブースで配信した。

実行委員長の依田明子さんは「ステッカーなど70団体以上の方々に協力いただき、ステージで皆さんにお届けすることで前に進むことができるし、元気をもらえた。今後も継続してきたい」と抱負を語った。

No image

横断幕などを使って啓発

No image

10caratsも啓発に協力

タウンニュース麻生区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加