元KAT-TUN・田中聖被告 有罪判決2日後にまた覚醒剤〝反省ゼロ〟の愚行つまびらかに

元KAT-TUN・田中聖被告 有罪判決2日後にまた覚醒剤〝反省ゼロ〟の愚行つまびらかに

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/23
No image

初公判へ向け、車で裁判所に入る田中聖被告

覚醒剤取締法違反(使用、所持)の罪で起訴されたKAT-TUNの元メンバー、田中聖被告(36)の初公判が22日、千葉地裁松戸支部(本間敏広裁判官)で開かれ、起訴内容を「間違いありません」と認めた。今年6月20日に別の薬物事件で執行猶予付き有罪判決を受けてから、わずか9日後の逮捕というスピード再犯。検察側が示した供述調書によると、判決の2日後にも再び覚醒剤に手を染めていたという。

3カ月前の法廷でクスリ断ちを誓った直後の、〝反省ゼロ〟のあきれた愚行がつまびらかになった。6月29日に現行犯逮捕されたが、検察側は「(6月)20日の判決後、欲求にかられて3回にわたって使用を繰り返した。22日頃から始めて、28日には自宅で」と供述調書を読み上げた。逮捕前日は「家族に見つかるとまずいのと、自分で使用するため」に、覚醒剤を所持したまま外出したという。

田中被告の矛盾だらけの行動も明かされた。逮捕当日は「自助グループに会う。クリニックに行く」としてJR柏駅付近にいたところ、職務質問を受け、令状を取られた上で、ズボンに隠し持っていた覚醒剤が発見された。自助グループとは薬物などの依存症の人たちによる、問題を乗り越えるための自主的な集まり。クスリと縁を切るための集会に、クスリを持参しようとしていたことになる。

田中被告はセンター分けの黒髪に黒縁眼鏡で、スーツ、靴、ネクタイも全て黒系でそろえて入廷。マスクをかけた左耳の後ろには、タトゥーをのぞかせた。裁判官から職業を聞かれると「動画編集業です」と返答し、起訴内容を認めた。

検察側は薬物使用歴についても、「覚醒剤は1年前から1カ月に5、6回。大麻は5年以上前から」と指摘。田中被告は反応することなく、拳を軽く握り、じっと前を見つめていた。

起訴状によると、6月28日頃、柏市内の自宅で覚醒剤を加熱し気化して吸引。翌29日に覚醒剤約0・062グラムを所持したとされる。田中被告は同20日に名古屋地裁で、覚醒剤取締法違反で懲役1年8月、執行猶予3年の有罪判決を受けたばかりだった(7月4日控訴)。「(薬物に)今後一切関与しない」と証言台で誓っていたが、舌の根も乾かぬ間にまたも罪を犯していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加