阪神、甲子園初戦で巨人に勝利 西勇が今季初白星

阪神、甲子園初戦で巨人に勝利 西勇が今季初白星

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/06

(セ・リーグ、阪神6-2巨人=七回裏終了降雨コールド、1回戦、阪神1勝、6日、甲子園)阪神は今季の甲子園初戦で巨人に6-2で勝利。「6番・右翼」で2試合ぶりにスタメン出場したドラフト1位の佐藤輝明内野手(22)=近大=は二回の甲子園初打席で中前打を放った。

二回にサンズ、佐藤輝の連打、巨人の先発右腕・サンチェスの暴投で無死二、三塁とし、梅野が右前適時打で先制。木浪も中犠飛で続いた。

三回は糸原の開幕10試合連続安打となる左前打とマルテの死球でチャンスを作り、大山が中前適時打。その後はサンズ、梅野も適時打を放つと、木浪も左犠飛を決め、この回一挙4得点で引き離した。

試合はグラウンドコンディション不良のため、試合続行不可能となり七回コールド。先発した西勇は7回4安打2失点完投で今季初勝利をつかんだ。

No image

先発の阪神・西勇=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加