女子テニス・今西美晴が現役引退へ「テニスという素晴らしいスポーツに出逢えた事を誇りに思います」

女子テニス・今西美晴が現役引退へ「テニスという素晴らしいスポーツに出逢えた事を誇りに思います」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

女子テニスの今西美晴(30)が今年度で現役引退することを23日、自身のSNSで報告した。

No image

今西美晴インスタグラム(@i.miharu)から

今西は自身のインスタグラムで「私、今西美晴は今年度(国民体育大会、全日本選手権大会、SBC Dream Tour Final)をもちまして現役引退する事を決断致しました」と報告した。

「7歳の時に雨天でオートテニスに出逢い、約23年間。小学校、中学校はテニス以外の部活に入りながらテニススクールに通い練習。高校入学と共にスクールを辞め、テニス部に入部。高校3年生の時に全国高校選抜大会個人戦で優勝。高校卒業後、会社に入社。働きながらアマチュア選手として全日本室内選手権大会優勝。2年のアマチュア生活後、プロ転向し全日本選手権優勝(シングル、ダブルス、ミックスダブルス)。グランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)予選出場する事が出来ました」と振り返った。

現役生活について「テニスは楽しいだけではなく、怪我があったり苦しい時期もありましたが、そんな時にはいつも誰かが手を差し伸べてくださりました。コーチやトレーナー、応援して下さる皆様に支えて頂いたおかげで、ここまで続けてこれました」とし「これまでの私のテニス人生に携わって下さった皆様のお陰です。本当に心から感謝申し上げます」と感謝を記した。

そして「テニスを通じて自分を知る事ができ、世界を知る事ができ、まだまだ未熟者ですが人として成長する事ができました。そして、世界中の仲間と出逢い、国を越えてたくさんの人に応援して頂いた、テニスという素晴らしいスポーツに出逢えた事を誇りに思います。残りのテニス人生も私らしく!最後まで諦めず、見ている人の心を動かせるプレーが出来るように頑張ります」とつづった。

今西は13年にプロ転向し、2017年の全日本テニス選手権のシングルスで初優勝を飾るなど活躍。国内ランキングは18年の4位が最高で現在は21位。世界ランキングも同年の187位が最高で現在は703位。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加