レバークーゼン、長期離脱中のヴィルツとの契約延長を発表

レバークーゼン、長期離脱中のヴィルツとの契約延長を発表

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/06/24
No image

レバークーゼンは23日、ドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ(19)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。

【動画】単独突破!思わず唸るドリブルゴール Best3

7歳でケルンのアカデミーに入団したヴィルツは、2020年1月にレバークーゼンへ移籍に加入。同年5月にチーム史上最年少となる17歳15日でプロデビューを飾ると、6月に行われたブンデスリーガ第30節のバイエルン戦では、17歳34日で当時のブンデスリーガ最年少となる初ゴール記録を達成。

チェルシーへ旅立った同胞MFカイ・ハヴァーツの後継者として、昨シーズンから主力に定着すると、今シーズンも公式戦31試合に出場し、10ゴール14アシストを記録。優れたアスリート能力、ボールテクニック、攻撃センスを兼ね備える万能型のアタッカーとして完全にブレイクしたが、3月に行われたケルン戦で左ヒザの前十字じん帯断裂の重傷を負い、現在は長期離脱を余儀なくされている。

新契約にサインしたヴィルツは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「僕からしたらこの2年間の成長は驚異的なことで、こんな風になるとは想像もしていなかった。これもチームのおかげだと思っている。このメンバーだからこそ、僕はここで快適に過ごすことができ、全体的にうまくいっているのだと思っているよ」

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加