欧州5大リーグ2021年の得点王はメッシ 7試合9ゴールと量産

欧州5大リーグ2021年の得点王はメッシ 7試合9ゴールと量産

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/02/22
No image

2021年に入る得点量産

カディス戦(1-1)でペナルティゴールを決めたレオ・メッシは、2021年の欧州5大リーグでトップスコアラーとして活躍している。バルセロナでのラ・リーガ最多出場記録を更新(506試合)したアルゼンチンのスターは、直近のリーグ戦7試合で9ゴールを挙げている。

UEFA主催のファン投票 “2020年ベスト11”が決定...CL王者から最多の5人

3度のドブレーテは、バルサ7連勝の原動力となり、今回、背番号「10」が彼の印象的な記録を増やし続けていることを確認できる。
アルゼンチン人は敵地でのアスレティック・ビルバオ戦、グラナダ戦、アラベス戦で2ゴール、カンプノウでのアスレティック戦、ベティス戦、昨日のカディス戦で1ゴールを挙げている。
また、他にもコパ・デル・レイのラージョ戦と苦い記憶となったチャンピオンズリーグのPSG戦でも得点していることを忘れてはならない。
レオは、ピチーチの戦いで親友ルイス・スアレスに追いついている。彼らは16ゴールでトップを争っている状況だ。

2021年の2ヶ月でメッシと並び最も多く得点を稼いでいるのは、バイエルン・ミュンヘンの主砲ロベルト・レヴァンドフスキとマンチェスター・シティでストライカーと化しているイルカイ・ギュンドアンだ。ポーランドのストライカーは9試合で9ゴール、ドイツ人MFは10試合9ゴールを記録している。次点はノルウェーの怪物エルリング・ハーランドで9試合で7ゴールを挙げている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加