東出昌大、ダイアン津田の「ゴイゴイスー」に困惑「なんておっしゃった?」山籠り生活でギャグ通じず

東出昌大、ダイアン津田の「ゴイゴイスー」に困惑「なんておっしゃった?」山籠り生活でギャグ通じず

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/09/19
No image

お笑いコンビ・ダイアンの津田篤宏が、ロケで共演した俳優・東出昌大に好意を抱き「東出さんはゴイゴイスーです!」と自身のギャグを披露。しかし山奥で生活している東出は「ゴイゴイスー」を知らず、微妙な空気になる場面があった。

【映像】ダイアン感動 東出の絶品手料理

毎回異なるMCを迎え、ダイアンのユースケと津田篤宏がゲストとして番組に参加する『ゲストダイアン』が、9月16日よりABCテレビにてスタートした。初回放送でMCを務めたのは、2年前から関東近郊の山小屋で生活を送る東出昌大。「あつまれ ひがしでの森」と題し、ダイアンの2人に野営の魅力を体験してもらう企画が展開された。

No image

撮影がスタートした当初は、1日がかりの“野営ロケ”に不安たっぷりだったダイアンの2人。しかし、ロケを進めるにつれ、野営の楽しさが少しずつわかってきたようだ。夕食時に東出が、自分たちで釣った魚と茄子を使った味噌汁を振る舞うと、ユースケと津田は「めちゃくちゃうまい!」「ほんまにうまいわ!」と口々に絶賛。さらに津田は、48度のウイスキーをほぼストレートで飲み、酔いが回ってきたこともあり「野営楽しくなってきた!」とご機嫌に。東出が持参した鹿肉でバター焼きを作ると、「最高やんけ!」と興奮していた。

No image

津田は「俺も野営しようかな」と口にするほど、気に入った様子。それと同時に、東出の野営に対する姿勢にも感心したようだ。津田は、東出がパフォーマンスとして野営を行っているのではないかと、疑う世間の声もあるはずだと前置きしたうえで「俺、今日来て確信しました。あなた本物だ!」「ガチでやってはるな」と、その本気度を称えた。

No image

その後、津田は鹿肉のバター焼きを食べると「うま!」と声を弾ませたが、そのおいしさをうまく伝えることはできず「超あっさりとしてる…肉」と笑いながらコメント。ちなみにこの鹿肉は、狩猟免許を持つ東出が、自ら仕留めたもの。津田が「自分で獲った肉ってやっぱり違うんですか?」と尋ねると、東出は「『命に感謝する』という言葉が免罪符になるのか、それもわからない」と真剣な表情で語りつつ、「俺らは生きたいから獲るしかねぇな、食うしかねぇな」という気持ちで、狩猟を行っていると明かした。この東出の言葉を聞いたユースケは「その話、今東出さんに聞いて、さっきと味違う」としみじみ。津田も「思ってるより、めっちゃええ番組ちゃう?」と予想外の展開に驚いていた。

No image

そんななか、津田は「東出さんはゴイゴイスーです!」とカメラに向けてポーズをとり、張り切ってギャグを披露した。東出を「すごい」と褒める意味合いもあったと思われるが、当の本人はノーリアクション。津田が「知らんみたい」と苦笑いを浮かべると、東出は「なんておっしゃった?」と尋ね、本当に「ゴイゴイスー」を知らなかったようだ。これにはダイアンの2人も笑うしかなく、津田は「山にいはるから知らんねん!俺のギャグ!」と叫んでいた。

No image

長かった“野営ロケ”も、いよいよ終わりが近づき、最後は釣った魚の塩焼きで締めることに。命をいただくことはどういうことなのか、この機会に深く考えさせられた様子の津田は「なんか泣けてくるな。命、いただいてるな」と涙を流しながら、魚を味わっていた。なお、番組の最後には、ダイアンの2人だけでロケの感想を語る場面があり、津田は「むっちゃくちゃ楽しかった」と熱弁。さらに2人は東出のことが「大好きになった」と口をそろえ、その人柄にすっかり魅了された様子だった。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加