結婚早々に将来的な問題が浮上したカトパン 夫の離婚時期が心配材料に?

結婚早々に将来的な問題が浮上したカトパン 夫の離婚時期が心配材料に?

  • リアルライブ
  • 更新日:2021/06/10
No image

加藤綾子

6日に「一般人男性」と結婚したことを7日に発表した、カトパンことフリーの加藤綾子アナウンサーだが、各メディアが続々とお相手の素性を暴いている。

各メディアによると、お相手は大学まで慶應ボーイで、年商2000億円を誇る神奈川県を中心に中堅スーパーマーケットチェーン・Lを経営する39歳の御曹司。案の定、「一般人」というには華麗すぎる経歴の男性だった。

「加藤さんのお相手は2代目の社長で、大学を卒業して大手食品会社に勤務後、父親が経営する今の会社に入社し、2013年に2代目社長に就任。就任当初は500億円台だった売上高を、8年で約4倍に押し上げたかなりのやり手。加藤さんに負けず劣らず多忙なはず」(経済誌記者)

9日付のニュースサイト「AERA dot.」(朝日新聞出版)にお相手の母親が明かしたところによると、結婚前の昨年11月後半、加藤アナを実家に連れて来て、両親に紹介したが、その時はまだ結婚の話は出なかったという。

>>フジ軽部アナ、カトパンへの結婚祝福で「今どきありえない」と批判 「間違いなくいい奥さんになる」発言が物議<<​​​

その後、2人は順調に愛を育んでゴールイン。入籍した6日は、会社の事務所で、お相手の父親が保証人になったのだとか。

また、お相手は26歳の時に1度結婚しているバツイチで、前妻との間に2人の子どもをもうけたが8年前に離婚。2人の子どもは前妻が引き取って育てているそうで、加藤アナの了承済みのはずなのだが……。

「8年前といえば、加藤アナの夫が社長に就任した時期。ということは、私生活よりも仕事優先の性格なのでは。加藤アナとどう話しているかは分からないが、もし、加藤アナとの間に子どもができたとしたら、その子どもと、前妻の間の子どものどちらが跡継ぎの3代目の社長に就任するかという問題、さらに、遠い将来では遺産相続の問題が発生することになるだろう」(芸能記者)

加藤アナのことだから、熟慮を重ねたうえでのゴールインになったようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加