富山・交番襲撃事件初公判 被告の元自衛官は黙秘

富山・交番襲撃事件初公判 被告の元自衛官は黙秘

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/14
No image

動画を見る(元記事へ)

富山市の交番で警察官が殺害されて拳銃が奪われて別の場所で警備員が射殺された事件の初公判で、被告の男は起訴内容を黙秘しました。

元自衛官の島津慧大被告(24)は2018年6月、富山市の交番で稲泉健一警部補(当時46)をナイフで殺害し、奪った拳銃で近くの小学校にいた警備員・中村信一さん(当時68)を射殺したなどの罪に問われています。

今月14日の初公判で、島津被告は起訴内容について黙秘しました。

弁護側は拳銃を奪おうと考えたのは殺人後で、強盗殺人罪は成立しないと主張しました。

これに対し、検察側は強盗殺人罪の成立を主張したうえで「自分が敵だと思っている社会を守る警察官に勝つことで力を誇示しようと考えた」と指摘しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加