差し上げるは「与える」の敬語表現! 使い方と例文2つ、類語4つも解説

差し上げるは「与える」の敬語表現! 使い方と例文2つ、類語4つも解説

  • Domani
  • 更新日:2022/11/25

差し上げるは「与える、あげる」ことを意味する謙譲語です。しかし、「上げるという表現は相手を下に見ている」と受け取られることもあるため、正しく使うこと、言い換え表現をうまく活用することが大切です。差し上げるの注意点や言い換え表現、類語表現を解説します。

Contents

差し上げるの意味と敬語の種類

差し上げるの正しい使い方と例文2つ

人によっては上から目線と受け取られることもある

差し上げるの言い換え・類語表現4つ

差し上げるの意味を知って使いこなせるようになろう

差し上げるの意味と敬語の種類

差し上げるとは、奉仕の気持ちで相手に捧げることを意味する言葉です。読み方は「さしあげる」です。与えるという意味がある「上げる」に、動詞につけることで強調の意味となる「差し」という接頭語をつけた表現。「やる」「与える」の謙譲語として用いられています。

No image

謙譲語は自分がへりくだって相手に物事を伝えるときに使う敬語表現のため、必ず自分が起こす動作に使うようにしましょう。

差し上げるの正しい使い方と例文2つ

差し上げるの正しい使い方について、以下の2つを挙げてご紹介します。

1.相手に連絡をする場合「ご連絡差し上げます」
2.物を相手に渡す場合「〇〇を差し上げます」

基本的に、差し上げるは相手にとってメリットがあったり、相手の要望に応えたりする場面で使われます。また、差し上げる対象が物の場合は、名詞と一緒使うことが大切です。正しい使い方を知ることで、ビジネスシーンでもスムーズに使いこなせるようになりましょう。

1.相手に連絡をする場合「ご連絡差し上げます」

自分から相手に連絡をする場合には、「ご連絡差し上げます」を使います。連絡の手段は、メール・電話、どちらでも使用できますが、使える場面は相手の都合を配慮して連絡をする場面に限定される点に注意しましょう。

No image

相手からスケジュールの調整を依頼され、その連絡をすることを伝える場面では、「後ほど、ご連絡差し上げます」を使えます。しかし、自分の都合に合わせてもらう場面で「本日はこちらの都合が悪いため、後日ご連絡差し上げます」という表現を使うと、相手には上から目線だと取られてしまうでしょう。

相手にメリットがあるか考えながら使うとわかりやすいです。

また、より丁寧な表現をしたい場合は、「ご連絡差し上げればよろしいでしょうか」など、疑問形にします。ご連絡差し上げますと同じルールで使うことが可能です。以下の例文を参考にしてください。

【例文】
詳細が決定次第、ご連絡差し上げればよろしいでしょうか。

2.物を相手に渡す場合「〇〇を差し上げます」

相手に物を渡す場面では「〇〇を差し上げます」を使用します。前述したように、差し上げるには、与えるという意味があるため、物を相手に渡すときにも使うことが可能です。

お土産やボールペンなど、必ず渡す物の名詞と一緒に使用します。以下で例文を見てみましょう。

【例文】
懇親会に参加してくださった方には、記念品を差し上げます。

人によっては上から目線と受け取られることもある

差し上げますは、人によっては上から目線に受け取られてしまうこともあります。差し上げるの語源である「やる・与える」が「施す」という意味もあるため、言われた相手は見下されているように感じるのです。何も考えずに使った結果、相手に不快な思いをさせることもあるため注意しましょう。

No image

特に、自分の好意に関して、差し上げるを使うと厚かましく失礼な印象になります。例えば、「教えて差し上げる」などは、上から目線だと思われかねないので、「お教えいたします」「ご説明します」など、他の表現を使いましょう。

差し上げるの言い換え・類語表現4つ

差し上げるには、2つの言い換え表現と2つの類語表現の合計4つが存在します。

1.言い換え表現「させていただく」
2.言い換え表現「いたします」
3.類語表現「進呈する」
4.類語表現「贈呈する」

言い換え表現や類語表現を覚えておき、場面ごとに適切な表現を使えるようにしましょう。それぞれ解説していくので、例文と合わせて確認してください。

1.言い換え表現「させていただく」

差し上げるの言い換え表現として、「させていただく」が挙げられます。させていただくは、助動詞の「させて」に謙譲語である「いただく」をつけて、「する」の丁寧な表現として用いられています。

「相手の許可を得て、配慮しながら行う」という意味をもって使われていますが、自分の願望を述べるときにも使用される表現です。以下の例文を参考にしましょう。

【例文】
私からご報告させていただきます。

2.言い換え表現「いたします」

「いたします」も、言い換え表現にあたり、するの謙譲語として用いられています。「します」も丁寧語として使われていますが、より相手を敬うことを表現をしたいときは、いたしますがおすすめです。

シンプルで使いやすく誤用されにくい表現なので、差し上げるを使っていいか迷ったときに利用しましょう。以下の例文を参考にしてください。

【例文】
後ほど、ご連絡いたします。

3.類語表現「進呈する」

差し上げるの類語表現として、「進呈する」が挙げられます。進呈するは、人に物を差し上げるときに使う表現です。感謝の気持ちや恐縮した気持ちが込められています。物に使われる表現で、連絡などでは利用できません。目上の人に使えるのはもちろん、後輩や同僚にも使えます。

No image

以下の例文を参考にしましょう。

【例文】
先着10名様に、限定ポストカードを進呈いたします。

4.類語表現「贈呈する」

「贈呈する」も、差し上げるの類語表現です。進呈すると同様、人に物を差し上げるときに使います。こちらも、連絡ごとでは使えません。贈呈自体は、お祝いの場や式典などの正式な場面での物の受け渡しに用いられる表現なので、日常ではあまり使われないかもしれません。

以下の例文を参考にしましょう。

【例文】
創立70周年記念に、ボールペンが贈呈された。

差し上げるの意味を知って使いこなせるようになろう

No image

差し上げるは、やる・与えるの謙譲語で、奉仕の気持ちで捧げるという意味があります。物を渡す場面以外では、連絡をする場面でも使われますが、相手にメリットがある状況でのみ使う点に注意しましょう。

大切なのは意味を理解して場面に合わせた使い方ができるようになることです。差し上げますを使ってもいいのかどうか悩んだときは、他の表現で言い換えてみてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加