琉球、藤原志龍と平松昇が負傷...ともに3カ月の治療期間

琉球、藤原志龍と平松昇が負傷...ともに3カ月の治療期間

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2023/01/25
No image

FC琉球は25日、MF藤原志龍とMF平松昇の負傷を報告した。

【写真】琉球が2023シーズンのユニフォーム発表、シーサーに沖縄本島をデザイン

藤原は17日のトレーニング中、平松は20日に行われたFC東京とのトレーニングマッチで負傷。前者が右小趾基節骨骨折、後者が左第3趾基節骨骨折と診断され、それぞれ約3カ月の治療期間を要するという。

今季から明治安田生命J3リーグを戦う琉球は3月4日の開幕節でヴァンラーレ八戸をホームに迎え撃つ。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加