ロイヤルズ・ペレス43号3ラン、2位大谷に1本差 109打点は単独1位

ロイヤルズ・ペレス43号3ラン、2位大谷に1本差 109打点は単独1位

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

43号本塁打を放ったロイヤルズ・ペレス(AP)

<ロイヤルズ-アスレチックス>◇14日(日本時間15日)◇カウフマン・スタジアム

ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手(31)が今月5本目となる43号3ランを放ち、44本塁打でメジャー2位のエンゼルス大谷翔平投手(27)と1本差になった。単独トップはブルージェイズのウラジーミル・ゲレロ内野手(22)で45本塁打。

「3番捕手」で出場したペレスは5-7の6回1死二、三塁で、3番手右腕ペティットの内角フォーシームを捉え、左翼スタンドへ逆転3ラン。3回には適時打を放っており、今季109打点でアブレイユ(ホワイトソックス)を抜き単独トップに浮上した。

8月に12本塁打を放ったペレスはこれで後半戦メジャートップの22本塁打。大谷は11本塁打、ゲレロは17本塁打となっている。

ア・リーグ本塁打争い上位は以下の通り。

<1>ゲレロ(ブルージェイズ)45

<2>大谷翔平(エンゼルス)44

<3>ペレス(ロイヤルズ)43

<4>セミエン(ブルージェイズ)39

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加