堂安 ポジション争奪“激戦区”の覚悟 下克上「得意かなと思う」

堂安 ポジション争奪“激戦区”の覚悟 下克上「得意かなと思う」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/25

◇親善試合 日本―米国(2022年9月23日 デュッセルドルフ)

No image

ボール回しをする堂安(右)と長友(撮影・小海途 良幹)

輝きを取り戻しつつある24歳のアタッカー・堂安が、ポジション争奪戦に向けて強烈な宣戦布告だ。

今季は所属クラブで公式戦10試合で4得点と好調を維持しており、「フライブルクでやっているように、ピッチに立てばやれる自信はある」と強調。主戦場の右サイドは結果を出している伊東、久保のいる“激戦区”で「スタメンじゃないのは分かっている」としつつ、「自分の好きな状況なので、得意かなと思う」と下克上を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加