R6S最強の国を決めるワールドカップ開催決定、アンバサダーの元NBA選手のトニー・パーカー氏にインタビュー

R6S最強の国を決めるワールドカップ開催決定、アンバサダーの元NBA選手のトニー・パーカー氏にインタビュー

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/09/17
No image

「レインボーシックス ワールドカップ」が開催決定!

ユービーアイソフトは9月11日に、同社のゲームタイトルの最新情報や発表を行う番組「UBISOFT FORWARD」を配信した。その中で、タクティカルシューター「レインボーシックス シージ」(以下、R6S)の頂点に立つ国を決める「レインボーシックス ワールドカップ」が、2021年夏に開催されることが発表された。

現在、ヨーロッパ、北米、ラテンアメリカ、APACの4リージョンにて、40のプロチームがしのぎを削っている。各リージョンで熱い戦いを繰り広げ、勝ち残ったチームのみ出場の切符を手にする大舞台「Six Major」「Six Invitational」は、日本では深夜帯での試合にも関わらず多くの視聴者が見守る大会になった。

しかし、以上の大会を観ていると、私のなかである疑問が出てきた。もし、日本で、世界でeスポーツチームという枠を取っ払ってチームを作ったら、いったいどれくらい強いのか、どの国が強いかということだ。今回発表されたレインボーシックス ワールドカップは、まさにそれが明らかになる、激熱な大会になるのだ。

日本はファイナルステージ出場決定のシード枠!

No image

大会概要

レインボーシックス ワールドカップは、全45ヵ国・地域が参加。そのうち、14の国はシードとして直接2021年夏のファイナルステージへの出場が決定している。ファイナルステージに出場できるのは20ヵ国で、ほかの31ヵ国とリージョンがオンライン予選を戦い、残りの6枠をかけて戦うことになる。

日本人としてうれしいのは、日本がシード枠に入っているということだ。シード枠は、日本のほか、オーストラリア、ブラジル、カナダ、チャイニーズ・タイペイ、フランス、ドイツ、イタリア、メキシコ、ロシア、韓国、スペイン、イギリス、アメリカになっている。この14チームが順当に勝つのか、オンライン予選を勝ち抜いた国(チーム)がジャイアントキリングを起こすのかといった部分も、楽しみだ。

各チームは、3人のナショナル・コミッティメンバー=チームマネージャーと、5人の選手から構成される。1人目のナショナル・コミッティメンバー=チームマネージャーは、リージョン内ユービーアイソフトのeスポーツチームによって選出される。加えて、ローカルのプロシーンを代表するプロプレイヤーもしくはコーチの中から、ローカルのシージコミュニティーから各1人選ばれる。

なお、5人のプレイヤーは、2020年9月1日の時点で18歳以上、2020年1月時点でその国の市民権を持っているというのが条件で、各eスポーツチームから2名まで選出可能とのことだ。日本の数あるチームの中から、どの選手が選ばれるのかというのも、かなり気になるポイントだろう。

なお、ナショナルコミッティの発表は2020年秋、オンライン予選発表は2020年冬、ファイナルステージ開催は2021年夏というスケジュールになっている。

アンバサダーにNBAのレジェンドであるトニー・パーカー氏が就任

そして、本大会のアンバサダーとして、元NBA選手であるトニー・パーカー氏が就任することも発表された。トニー・パーカー氏は、NBAでの優勝経験のほか、ナショナルチームの選手としても出場経験のある、まさにレジェンドといえる選手の1人だ。

R6Sのeスポーツチームでの世界大会の経験がある選手も、国を背負っての出場は今回が初となる。今までとはまったく異なる環境での戦いになるため、トニー・パーカー氏は各チームと定期的に会い、チャレンジに対して選手たちが準備できるようにコミュニケーションをとる予定だという。

トニー・パーカー氏とユービーアイソフト EMEAのe-Sportsディレクター Francois-Xavier Deniele氏にインタビュー!

No image

アンバサダーを務めるトニー・パーカー氏と、ユービーアイソフトのEMEAのe-SportsディレクターであるFrancois-Xavier Deniele氏にオンラインインタビューを実施

今回、アンバサダーを務めるトニー・パーカー氏と、ユービーアイソフトのEMEAのe-SportsディレクターであるFrancois-Xavier Deniele氏にオンラインインタビューを実施。本大会について色々聞いてみた。

トニー・パーカー氏インタビュー

No image

バスケ界のレジェンドであるトニー・パーカー氏

ーーアンバサダーの依頼が来た時のファーストインプレッションを教えてください。また、R6Sにおいてワールドカップが開催されると初めて聞いた際の感想も教えてください。

トニー・パーカーさん(以下、トニー):アンバサダーについてユービーアイソフトから依頼があったときはとてもうれしかったです。R6Sの初めてのワールドカップのアンバサダーに就任できるなんて、とても光栄だと思いました。僕にとってeスポーツの世界で成長して経験を積めることは、素晴らしい機会なんです。だからとてもうれしいですし、待ち遠しいです。

ーーNBAのチームとしても、フランス代表としても活躍された中で、チームで戦うことと国の代表として戦うことの違いをお聞かせください。

トニー:僕は20年近く同じチームでプレイしてきたし、素晴らしい街のために戦うのはいい経験でした。でも、母国を背負ってプレイするのは、レベルがまったく違います。もっと規模が多くて、プレッシャーも大きいです。国を代表して各国のベストチームと戦いますからね。だから僕にとって両者はかなり違うと思っています。R6Sのファンも、ワールドカップを通してそれを感じてくれればうれしいです。

ーーアンバサダーとしてどのような活動を予定されていますか?

トニー:僕のアンバサダーとしての役目は、プレイヤーの皆さんに会って、今まで僕が培ってきた経験をシェアすることです。皆さんと話してみたいので、会えるようになることを願っています。実際の活動内容の詳細はまだいえませんが、開催される2021年までに世界がよくなって素晴らしいイベントを開催したいですね。

ーーそもそもどういった経緯でeスポーツに興味を持たれたのでしょうか?

トニー:6、7年前に興味を持ちだして、それからずっとeスポーツの世界やその仕組みに関心がありました。また、その頃にあるチームからeスポーツへ投資しないか? って声がかかって、僕のアカデミー内に設立することを決めました。様々なゲームのベストプレイヤーが集まって、個々のスキルを向上できるアカデミーを作りたかったんです。そんなアカデミー今までなかったですから。

強いパッションを持っているeスポーツのコミュニティやファンが単純に好きですね。また、僕はビデオゲームを兄弟とプレイして育ったので、ゲームコミュニティに恩返しして一緒に成長していきたいという思いもあります。

ーーeスポーツの選手は、(とくに日本は)若い選手が多いです。19歳からポイントガードとして活躍されてきた中で、そういったプレッシャーにはどのようにうちかってこられたのでしょうか?

トニー:いい質問ですね。若いときには、様々なストレスやプレッシャーがありますが、みんなそれぞれの乗り越え方があると思っています。僕は幸いにもバスケットボールの経験がある父がいたから、メンタルの整え方や大事な試合への気持ちの整え方とかプレッシャーにどう打ち勝つとか、彼の経験をシェアしてくれて、とても助けられました。

だから今回アンバサダーとして、僕も日本のプレイヤーのみんなに同じように、僕の経験をシェアしたいと思っていますよ!

ーーありがとうございました。

Francois-Xavier Deniele氏インタビュー

No image

Francois-Xavier Deniele氏

ーー本大会の発表は、R6Sファンにとってはとてもうれしいことだと思います。本大会は、いつ頃から計画されていたものなのでしょうか?

Francois-Xavier Deniele氏(以下、FX):ワールドカップの話があったのは、2年ほど前からです。ブラジルでのR6Sの大会で、多くのブラジル国旗を目にしたんです。また、Canadian選手がステージに上がるときにはいつもカナダの国旗を持っていたりもします。

こういった光景をみてきたので、2年前のブラジルでの大会の際に、R6S・eスポーツで国を背負って戦うというクレイジーなアイディアが出ました。そのときから、時間をかけてR6Sのエコシステムを定義してきました。そして、ついに国対国の戦いを始める最適なときが来たというわけです。

ーー本大会では、チームマネージャーはリージョン内ユービーアイソフトのeスポーツチームから1人選出されるとのことですが、2人目、3人目のチームマネージャーはどうやって選ぶのでしょうか。また、プロプレイヤー、シージコミュニティーから1人ずつ選ぶようにしたのはなぜでしょう?

FX:R6S eスポーツのエコシステム内から代表を選ぶことが、当初のアイディアとしてありました。コミッティーメンバーは、R6S eスポーツにおけるすべてを代表している必要があります。そのため、エコシステムのそれぞれの分野において、一番近い存在を選ばなくてはいけないんです。1人はユービーアイソフト各支社から、1人はプロチームから、そしてコミュニティからも選んでもらいます。実際にどうやって選出するかは、今後わかってくるはずです。

ーーワールドカップ発表から約1年でファイナルステージですが、各国はどのようなスケジュールでファイナルステージに挑むことになるのでしょうか?

FX:発表からファイナルまで、十分な時間を用意することが重要だと思っています。初めにナショナルコミュニティーを決定して、それぞれのマネージャーが5人の国のベストプレイヤーを選出します。14ヵ国のチームはファイナルステージの出場が決まっていますが、これに加えて、6ヵ国のチームが予選を通して選ばれます。コミッティーが選んだチームとワールドカップに対して、情熱がどんどん大きくなってファイナルステージを迎えられたらいいなと思っています。

ーートニー・パーカー氏にアンバサダーを依頼した経緯を教えてください。

FX:本大会はまったく新しいレイヤーの大会で、リージョナルリーグと違って、国を代表する戦いになります。今まで我々がやってきたこととはまったく違うので、国を背負って戦うということを経験してわかっている人を起用したかったんです。その点で、トニー・パーカーはフランスナショナルチームでも活躍してきましたし、北米でもとても著名です。ということで、国を背負ってきた経験を生かして、各国のコミッティーの刺激になればいいなとおもって依頼しました。

ーー最後に、日本のR6Sファンにメッセージをお願いします。

FX:日本のナショナルチームを観るのをとても楽しみにしています。待てません! 日本では、世界で有数の情熱的なコミュニティーがありますから。日本のベストプレイヤーが集結しますよ。日本はトップに上り詰める大きなチャンスを持っていると思っています。皆さん、日本代表を応援してください。会場で日本の国旗をみることを楽しみにしています。

ーーありがとうございました。

日本のR6Sファンにとっても(私も)、本大会の発表は衝撃的だったと思う。コミッティーメンバーや代表選手など、まだまだ未発表な部分は多いので、様々な発表を待ちながら、ファイナルステージへ向けて楽しんでいこう。

■関連サイト

第1回「レインボーシックス WORLD CUP」開催のお知らせ

ユービーアイソフト

八尋 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加