より高画質になったGoPro「HERO11 Black」!小型な「Mini」もラインナップ!

より高画質になったGoPro「HERO11 Black」!小型な「Mini」もラインナップ!

  • &GP
  • 更新日:2022/09/22
No image

より高画質になったGoPro「HERO11 Black」!小型な「Mini」もラインナップ!

「アクションカメラは小型で便利だけど画質はイマイチ…」なんてのはもう過去の話。日々進化を続けるアクションカメラの代名詞的存在であるGoProより、より大きな新型センサーを搭載した新モデル「HERO11 Black」(7万2000円 ※GoPro.com価格)が登場です。

従来モデルよりも大きくなった新型センサーの採用により、「HERO」史上最高となる解像度、10-bitカラー深度などを実現。バッテリーグリップとのセットモデルや、小型な「Mini」もラインナップ。それではその性能のほどを見ていきましょう。

No image

共通して搭載される新型の1/1.9インチセンサーは、最大5.3Kの解像度に、10億色以上となる10-bitのカラー深度を実現。従来のGoProが8-bit、つまり1670万色だったので、64倍ほどの飛躍的な画質の進化となります。

また新型センサーはアスペクト比が8:7の撮影にも対応。GoPro史上最も縦方向に視野角が広がることで、InstagramやTikTok用に縦長の映像を切り出したり、YouTube向けに16:9の横長のシネマティックな映像を切り出したりと、用途に応じた多彩なアウトプットに対応しています。

No image

▲「HERO11 Black」

HyperSmooth 5.0ブレ補正は自動で必要な補正レベルを判断する自動ブースト機能付き。水平ロック機能はたとえカメラが360度回転しても水平を維持できます。

レンズもHERO史上最も広角で16:9の撮影が可能に。バッテリーも進化し撮影可能時間は最大38%も長くなりました。ナイトエフェクトタイムラプスプリセットには、星やペンライトなどを光跡として撮影できる3種類のエフェクトを追加。

No image

▲「HERO11 Black Creator Edition」

「HERO11 Black」単体での販売のほか、ハンドグリップやライトなどがセットとなった「HERO11 Black Creator Edition」(10万1000円)でも発売。Voltaバッテリーグリップ、ライトモジュラー、取り外し可能なウィンドスクリーン付きのメディアモジュラーがプラス。

No image

▲「HERO11 Black Mini」

そして、より小さめサイズで価格も手頃な「HERO11 Black Mini」(5万8000円)も発売。小型ながら頑丈なアウターシェルによりGoPro史上最高峰の耐久性を備え、軽快に設置できるのでヘルメットなどに装着してのPOV撮影に最適。迫力の映像を楽しみましょう!

>>GoPro

<文/&GP>

【関連記事】

◆一眼、GoPro、ドローン…ごちゃつくバッテリー類はコレ1台に集約!
◆GoProの魅力はマウントにもあり!撮影スタイルに合わせて最適なモノを選ぼう!
◆三脚にもなるバッテリー内蔵グリップでGoProの長時間撮影が可能に!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加