池江璃花子、53秒台でV「もうちょっと出したかったな」400Mリレー五輪内定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/10

「競泳・日本選手権」(8日、東京アクアティクスセンター)

東京五輪代表選考会を兼ねた大会で、女子100メートル自由形決勝が行われた。池江璃花子(20)=ルネサンス=は、53秒98で優勝し、メドレーリレーに続き、400メートルリレーの代表入りを決めた。個人で同種目に出場するための派遣記録はクリアできなかった。レース後は、「53秒台出したのはうれしいんですけど、もうちょっと出したかったなというのが正直なところなんですけど」と思いを語った。

予選を54秒30、準決勝を54秒36の全体1位で通過していた池江。最初の50Mは2番手でターンし、後半はトップに立ってタッチした。リレーメンバーに内定した酒井夏海、五十嵐千尋、大本里佳と喜びを分かち合った。

レース後は「53秒台出したのはうれしいんですけど、もうちょっと出したかったなというのが正直なところなんですけど。本当にギリギリではあるんですけど、みんな新しいチームでリレーを組むことができて、とてもうれしいです」とにこやかに語った。「この種目は特に4番に入れるか入れないか、派遣を切れるか切れないか、自分の中にはレース前、あったので。予選からしっかりいいレースがしっかりできましたし、決勝では絶対3秒を出すという目標を立てていたので、達成できてすごく嬉しいです」と、振り返った。

白血病の罹患を乗り越え、日本選手権の舞台に立った池江は4日に行われた女子100メートルバタフライで優勝。メドレーリレーの派遣標準タイム57秒92を突破する57秒77を出したことで、メドレーリレーのバタフライ泳者としての代表入りを確実にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加