トヨタ ハイエースで車中泊するならこれ!おすすめ車中泊グッズ6選

トヨタ ハイエースで車中泊するならこれ!おすすめ車中泊グッズ6選

  • CarMe[カーミー]
  • 更新日:2021/09/22

車中泊にはもってこいなハイエースで車中泊を楽しんでいる有名な車中泊インフルエンサーの方々に、実体験をもとにしたおすすめの車中泊グッズを紹介していただきました!実は意外とこんなものが役に立つ、ハイエースで車中泊するならこのアイテムが便利など、これから車中泊をする人も、キャンプに興味がある人もぜひ読んでほしい内容になっています。

トヨタ ハイエースってどんな車?

No image

トヨタが販売している車種の中でも大型なサイズで積載量が大きいハイエースは、ライトバンやワゴンの他にも多数のタイプが存在しています。
自家用車だけでなく事業用車としてのニーズがあるため、専門の中古車店なども多く存在しており、ハイエースのみの市場もあるほどです。
そんなハイエースですが、その大きな車体はキャンプや車中泊などに適しており、車内をカスタムして利用するキャンパーも少なくありません。後部座席部分が広くスペースがあるため、車中泊の際には寝床の確保に困らないことでしょう。
また、キャンプなどの際には荷物量が気になるところですが、かなりの容量があるため荷物のサイズや量が少し多くなっても心配ありません。

車中泊YouTuberのwa3さんがおすすめする車中泊グッズ6選

No image

YouTubeチャンネル「wa3」を運営されているカズさんとユカさんは奈良県にお住まいで、休日に車中泊やキャンプを楽しむ様子や愛車のハイエースをカスタムする様子を投稿されています。また、InstagramなどのSNSでも車中泊に関する投稿を活発にされています。
取材中は終始笑顔で、お二方とも気さくで明るく、楽しくお話を伺うことができました。実際に乗っていらっしゃるハイエースの内装も、画面越しではあるもののおしゃれで居心地が良さそうな空間だなと感じました。
そんな、wa3チャンネルのお二人に、車中泊グッズを選ぶ際のポイントとおすすめの車中泊グッズについて聞いてみました。
(※ 今回の取材はオンラインで行ったため、通常よりも画像が荒くなっております。)

wa3さん直伝!車中泊グッズを選ぶポイント

No image

wa3さんが車中泊グッズを選ぶ際には、車内で過ごすスペースを確保でき、かつ車内に収まるサイズ感かどうかを気をつけて選んでいるそうです。
ハイエースは他の車種に比べるとサイズも大きく、車内も広くスペースが確保できますが、車中泊やキャンプに行く際には意外と荷物がかさばって多くなってしまいます。
コンパクトにして持ち運べるのはもちろんのこと、車内の空間を確保できるサイズかどうかを事前に確認して購入することが大切だそうです。

また、グッズを購入する際のポイントとして、いろんな方の意見を参考にしていると話されていました。
wa3さんもYouTubeやSNSで発信されているように、様々な情報がネットや動画配信サービス等で発信されているので、サイズ感だけではなく、実際に使っている様子や使用感などのレビューを参考にされているそうです。
確かに車中泊グッズを実際に使っているところを見る機会はなかなかないですし、実物が展示されている店舗は限られていますよね。
購入する際は是非実体験を基にしたレビューサイトやSNS等を参考にしてみてください。

1.【天井にも張りつけOK】OLIGHT 小型LEDライト

オーライト

Olight Obulb ナイトライト ベッドサイドランプ 小型LEDランタン 調光調色 USB充電 IPX7防水 間接照明 夜間照明/装飾/信号伝達 (緑)

2,295円〜(税込)

No image

マグネット付きだから天井にも貼り付けられる小型ライト

OLIGHTのライトの中でもひときわ小さめのこのLEDライトは、底に磁石が付いていることで車の天井やボディに貼り付けて使うことができます。わざわざ専用の支柱やクリップなどを用意する必要もなく、このライト単体で設置ができる使い勝手の良いアイテムです。

サイズ感は大人の手で包み込めてしまうくらい小さく、光量も明るすぎない、ほんのりとした光で車内を照らしてくれます。これ一つで照明調節が可能で、暖色(明るめ)・暖色(暗め)・赤点灯・赤点滅の4つのモードがあります。
また、防水なので急な雨でちょっと濡れてしまっても問題なく使うことができて安心です。
そしてなんと言っても、その形の可愛らしさに惹かれてしまいますよね。
丸型の小さいライトなので、2,3個買って車中泊の際にボディに設置するとちょっとしたイルミネーションとしても楽しめそうです。

wa3さんは、色んな所に貼り付けられるこのライトがキャンプでも車中泊でも使い勝手が良いアイテムとして長く愛用されています。
また、夜にトイレや外に出て風にあたりたいときに、小さくて持ち運びやすいこのライトが重宝しているそうです。
持ち運びも全く苦にならないサイズ感と、おしゃれでかわいいフォルムで車中泊やキャンプをする際に一つは持っておきたいアイテムと言えるでしょう。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

2.【デザイン的にも楽しめる】Barebones ビーコンライト

Barebones

Barebones Living(ベアーボーンズリビング) ビーコンライトLED 2.0 ブロンズ [並行輸入品]

4,499円〜(税込)

No image

車内をおしゃれで安らげる空間へ変身させるライト

ベアーボーンズのLEDライトは、十分な明るさも出しながら、車内をよりおしゃれに見せてくれるデザイン性の高さもあります。設置方法は、カラビナを使って吊るしたり、引っかけたりする方法と、底の部分の4つの足で床に置いて使用する方法の2つがあり、車内の作りに合わせて使用が可能です。
サイズ感は片手でつかめるくらいなので、場所も大きくとるようなこともありません。

wa3さんは車内にS字フックを設置して、そこに吊るすようにして使っているそうです。
お二人ともライト系のアイテムが好きで、便利アイテムというよりかは車中泊やキャンプをよりおしゃれに楽しませてくれるグッズとして購入したそうです。

明かりは人に安心感や暖かさを与えてくれるとても大切なものです。車中泊の夜に車内を安らぎの空間にしてくれるアイテムとしてぜひおすすめしたい商品です。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

3.【車内に新鮮な空気を巡らせる】アイリスオーヤマ サーキュレーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ サーキュレーター アイ 静音 上下左右首振り 18畳 パワフル送風 リモコン付き PCF-SC15T ホワイト/ブラック

6,820円〜(税込)

No image

清涼感だけでなく車内の空気も循環できて一石二鳥なアイテム

サーキュレーターは車用のものも多く販売されており、クリップ付きで設置がしやすい商品や小型で持ち運びやすい商品など様々ありますが、今回紹介していただいたサーキュレーターは車用ではないものの、コストパフォーマンスの良いアイテムです。

まず、車内で使っても十分な風量で送風できる点が特徴としてあげられます。クリップなどは付いておらず、まさに屋内で使用する置き型タイプのサーキュレーターですが、18畳の広さに対応した商品なので、十分な風量で遠くまで風を届けてくれます。
3列シートの普通車で運転席付近にこのアイテムを設置しても、3列目より後ろまで風を送ることができるので、これ一台あればどんな車も空気を循環させることが可能です。
また、上下左右への首振り機能はもちろんのこと、静音仕様なので、使いながら動画を見ることもできます。
さらに商品展開として、リモコン操作モデルと音声操作モデル、Alexa対応モデルがあり、操作もより手軽なアイテムです。

wa3さんは車内に新鮮な空気を巡らせるために使っているそうです。また、このサーキュレーターを回すだけで、冬の時期は特に起こりがちな結露もかなり改善されるそうです。

車用のサーキュレーターほどコンパクトではないものの、機能や性能の良さを考えると、他と同じくらいの価格であれば車に積んで置く用に一台あると便利ではないでしょうか。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

4.【ソーラー充電も可能】PowerArQ2 ポータブル電源

No image

Smart Tap(スマートタップ)

ポータブル電源 PowerArQ2 オリーブドラブ (500Wh/132,000mAh/11.1V/正弦波 100V 日本仕様 蓄電池) 正規保証2年

47,840円〜(税込)

No image

ソーラーパネルで充電も可能な車中泊必須のアイテム

ポータブルバッテリーは車中泊に欠かせない必需品として、wa3さんも容量が大きめのものと小さめのもので、2つポータブル電源を使っているそうです。
その大きい方として今回ご紹介いただいたのが、PowerArQ2のポータブル電源です。
最初に見たときはポータブル電源とは思えないくらい、シックなデザインとカラーでおしゃれさを感じました。
もちろん電源としての性能も抜群で、様々な出力に対応しており、AC出力が2つ、USBのType-C出力にワイヤレス充電も可能となっています。

また、蓄電方法も様々で、特徴的なのがソーラーパネル充電です。ソーラーパネル充電なんてどこのメーカーでも対応している商品はあると思われるかもしれません。
しかし、自社のソーラーパネルに接続が可能なのはもちろんのこと、他社のソーラーパネルにも接続して電力を蓄えることができるので、別々のものを購入しても問題ない仕様になっています。

さらに、シガーソケットからの充電も可能な専用コードも付いているので、外・車・屋内どの場所からでも蓄電が可能と、とても使い勝手の良い商品です。
緊急時にポータブル電源自体の充電ができておらず、ただの荷物になってしまうところが、ソーラーパネルやシガーソケットからの充電が可能なこのポータブルバッテリーなら、そんな状況も打破できます。

wa3さんも「ポータブルバッテリーは必需品!」と話をしていましたが、車中泊やキャンプだけでなく災害時にも使えるアイテムとしてぜひ一つは持っておきたいおすすめアイテムです。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

5.【ハイエースのための扇風機!?】FIAMMA 扇風機

FIAMMA

ターボキット 12V 98683-059

14,580円〜(税込)

No image

窓枠ぴったりに収まるハイエースキャンパーにおすすめしたい扇風機

どのサイトでも欠品中となっているFIAMMAのターボキットですが、wa3さんがまるでハイエースのために作られたのかと思ったほど、ハイエースの窓枠にピッタリと収まる大きさの扇風機です。
サイズも大きめでしっかり送風されるので性能もとても良く、反対にすると換気扇としても使用することが可能です。
もちろん車だけでなく、屋内の窓にも設置できて、様々な場所に合わせて使用することができます。

wa3さんは冬に車内で調理をする際の臭いや熱気がこもったときに使っているそうです。車内で調理するときは窓を開けるだけだとなかなか外に熱気を逃がすのが難しいですが、換気扇としても使えるアイテムだととても便利ですよね。

ハイエースで車中泊やキャンプを楽しんでいる方に是非おすすめしたいアイテムです。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

6.【8段階の点灯パターンで車内が華やかに】LINXAS LEDイルミネーションライト

LINXAS

LED イルミネーションライト USB給電 屋外 ジュエリーライト ガーデンライト ワイヤーライト ロープライト 10m リモコン付 タイマー機能 防水 防塵仕様 クリスマス 飾り ストリングライト LINXAS … (USB給電)

1,580円〜(税込)

No image

連結した電球が8パターンの光で車内を彩るおしゃれグッズ

冬の季節はよく見かけるイルミネーションですが、キャンプや車中泊の際にもちょっとおしゃれな明かりを用意したいときに便利なのが、LINXASのイルミネーションライトです。
USBタイプと電池タイプの2つの電源を使用することができるので、車内・車外どちらの利用も可能となっています。
8パターンの点灯モードがあり、車内をより華やかにしてくれます。リモコンでの操作が可能で、タイマー機能付き、防水性も備わった、高性能なLEDライトです。

柔らかい明かりが特徴的で、wa3さんが使っているのを見た視聴者さんからも多くの問い合わせがあったグッズだそうです。
おしゃれなだけじゃなく、ライトとしても使い勝手が良いイルミネーションライトは、車中泊の夜をより楽しい一時にしてくれるおすすめアイテムです。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

ハイエースでの車中泊やキャンプをより楽しく、快適にするグッズを選ぼう!

No image

ハイエースくらい大きい車種だと、ある程度荷物量が多くなっても安心感がありますよね。
また、寝床も広々確保することができるので、大人でも余裕で車中泊することが可能です。
しかし、持っていく荷物には限りがあり、もちろん人数や期間によっても大きく変わります。
実際に車中泊やキャンプをされている方々だからこその視点でお話を聞くことができました。
ハイエースで車中泊する事を考えている人は、実践に基づいたおすすめグッズをぜひ参考にしてみてください。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加