街の喧騒を忘れ、上質なひとときを過ごす和食処

街の喧騒を忘れ、上質なひとときを過ごす和食処

  • FUKUOKAナビ
  • 更新日:2022/01/17
No image

夜はアラカルトもあり
居酒屋利用もOK!

昭和51(1976)年に創業した『荒江喜水亭』の姉妹店として、2019年秋にオープンした『喜水亭 和樂』。近年は百貨店や商業施設内を中心に店舗展開を行なっている同グループにおいて、路面店は現在ココだけ(本店は移転準備のため休業中)。本店の流れを汲む本格的な和食が味わえるとあって、幅広い世代の支持を集めている。

No image

虎ふぐ刺しや河豚しゅうまいなど、フグ尽くしのメニューが楽しめる『ふぐコース』(6600円〜)。写真のコースは1万1000円

特筆すべきは、さまざまなシーンで利用できること。気軽なランチも大切な人との会食も。活イカやもつ鍋といった福岡ならではのメニューも用意されており、来福客のもてなしにも重宝する。また、2021年秋にスタートしたランチ限定の『大名会席』は、『季節の天ぷら盛り合わせ』や『旬魚の煮魚』など人気の8品から2品を選べるスタイルが人気を集めている。

No image

『季節の天ぷら盛り合わせ』や『いかの白子しゅうまい』などの人気メニュー8品から好みの2品を選べる『大名会席』(2530円)。刺身(3種)や茶碗蒸しなども付く

日本料理といえばコースが主流だが、こちらの店では夜のアラカルトも充実。『出汁巻き卵』や『天ぷら盛合せ』などの定番に加え、旬の食材で作る月替りのおすすめメニューもあり、居酒屋的な利用もOKとか。「和食店は敷居が高いと思われがちですが、幅広い世代の皆さんにお楽しみいただきたいですね」と、店長の渕川浩司さん。和食初心者にとっての入口となる、ありがたい店といえるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加