ネイマールの奔放な私生活にエムバペが不満? 新指揮官は「ナイトクラブに出入り禁止」など厳しいルールを導入と英紙報道

ネイマールの奔放な私生活にエムバペが不満? 新指揮官は「ナイトクラブに出入り禁止」など厳しいルールを導入と英紙報道

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/08/06
No image

ネイマール(右端)の奔放な私生活にエムバペ(左端)は不満を抱いていうようだ。写真:徳原隆元

先のジャパンツアーでは、日本のファンを大いに沸かせたパリ・サンジェルマンは、小さくない問題が起きているようだ。

8月4日付の英紙『Mirror』によれば、そのフランス王者では、ネイマールの扱いを巡って、問題が起きているという。そのため、クリストフ・ガルティエ新監督は、新たにルールを設け、クラブの規律を高めることを最優先事項としているようだ。

レアル・マドリーへの移籍が濃厚視されながら、今年5月にパリSGと新契約を結んだエムバペは、その契約の中に、クラブの補強や編成に口を出す権利を盛り込み、大きな決定権を持つようになったと囁かれている。

記事によれば、そのエムバペは、規律の欠如や不躾さを理由にネイマールに不満を持っているようだ。同紙は、約1か月前にも、ネイマールの退団を望むエムバペと、バルセロナでも共闘した盟友の放出に反対するメッシが「対立している」と報じていた。
「近年、パリSGはロッカールームでの不仲が問題視されており、規律とリーダーシップの欠如が常に課題となっている。ガルティエ新監督は、クラブの規律を正すために新たなルールを設けた」

そう伝えた同紙によれば、定められた規則は、「朝食と昼食をチームで一緒に食べることを義務」「食事中に携帯電話の使用禁止」「パリ周辺のナイトクラブに出入り禁止」など。パリのフットボールディレクターであるルイス・カンポスは、様々なオーナーや関係者と連絡を取り、ナイトクラブで見かけた選手がいれば報告するよう依頼しているという。

要は、エムバペが不満を持たないようにネイマールの私生活を取り締まるのが最大の目的のようだが、スター軍団に厳しい規律を要求する策は、果たしてうまくいくだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】パリSG6-2G大阪|”MNM”が揃って得点!圧巻のゴールラッシュでジャパンツアーを締めくくる!

【PHOTO】華麗なドリブルでG大阪守備陣を翻弄!圧巻2ゴールのネイマールを特集!

【PHOTO】爆発的なスピードで観客を沸かす!ゴールも決めて日本ツアーを締め括ったキリアン・エムバペ!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加