イングランド代表、カタールW杯に向けた2022新ユニフォームを発表!デザインは「90年代ユニ」

イングランド代表、カタールW杯に向けた2022新ユニフォームを発表!デザインは「90年代ユニ」

  • Qoly
  • 更新日:2022/09/23
No image

イングランドサッカー協会(FA)とキットサプライヤーのNikeは21日、イングランド代表が2022カタール・ワールドカップで着用する新ユニフォームを発表した。

England 2022 Nike Home

No image

2022新ホームユニフォームは、伝統のホワイトを基調としつつも濃淡ブルーを強調した新鮮なデザイン。今回のようなブルーの差し色は90年代のユニフォームでも使われていた。

No image

肩部分の歪んだグラフィックは、エンブレムにも描かれているスリーライオンズの“アグレッシブな爪跡”を表現したもの。

No image

パンツはダークブルー、ソックスはホワイトをそれぞれ基調としたデザインを採用。

新ユニフォームは1992年と96年のホームキットにインスピレーションを得たというが、全体的な色のコンビネーションは96年の欧州選手権(EURO96)で着用したユニフォームを彷彿とさせる。

England 2022 Nike Away

No image

2022新アウェイユニフォームは一瞬で懐かしさを覚えるクラシックなデザインが登場。定番のレッドを基調に、襟と袖口にネイビーを配するスタイルは、2000年の欧州選手権(EURO2000)や2002日韓W杯・欧州予選で使用した1999-2001アウェイユニフォームを思わせる。

No image
No image

パンツとソックスはどちらもレッドを採用し、全身を同色でまとめる。今回のアウェイはスウッシュ(Nikeロゴ)を濃い色で縁取るが、このスタイルもまた90年代を彷彿とさせて懐かしい。

England 2022 Nike GK

No image
No image

2022GKホームはブラックを基調としたデザイン。とくに凝ったグラフィック等もなくシンプルなキットが登場。しかしシンプルなだけに、相手に威圧感を与えるには十分なデザインである。

No image

新ユニフォームはそれぞれチームの愛称“3 Lions”(スリーライオンズ)をレタリング。ホームキットは首元の内側にプリントし、アウェイキットはネイビーの襟をめくると文字が出てくる仕掛け。使われているフォントは、英国のヘヴィメタルバンドが使うインダストリアルフォントに触発されたものだという。

No image
No image
No image

ワールドカップは7大会連続16回目の出場となるイングランド。11月に開幕するカタール大会ではグループBに所属し、イラン、アメリカ、ウェールズと対戦する。

【関連記事】カタールW杯を前に見る、1990年イタリア大会「最高にかっこいいユニフォーム」10選

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加