元バルサDFバルトラが「キラー」と称した最も「成熟した巧みなストライカー」は!?

元バルサDFバルトラが「キラー」と称した最も「成熟した巧みなストライカー」は!?

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/11/20
No image

マルク・バルトラ

マルク・バルトラはアンス・ファティの偉大な未来を想像する者の一人である。現在ベティスでプレーする元バルセロナのディフェンダーは、バルサの18歳ストライカーがスペインサッカーの一時代を築くと確信しており、その先には「史上最高」と称賛するレオ・メッシや、「キラー」と称えるクリスティアーノ・ロナウド、ロベルト・レヴァンドフスキといった偉大なストライカーと比較される存在になると見ている。

『Livescore』のプロモーションイベントに出席したバルトラは、最も将来有望なティーンエイジの選手を選ぶ機会を得た。同ディフェンダーは一瞬たりとも迷わず「アンス・ファティ」を選出した。

「無限の可能性を秘めた彼を見ている。彼はすべてを持っている。私は数年前から彼を追いかけているが、彼はサッカー選手として非常に優れた資質を持っている。スピードがあり、ボールを扱うのが上手で、一対一にも対応でき、フィニッシャーとしても優れている。彼がバルセロナで、そして世界のサッカーでプレーし続ければ、リーガエスパニョーラの一時代を刻むことになると思う」と力強く語っている。

そして、世界最高のバトンはレオ・メッシからアンス・ファティへ受け継がれるだろう。「間違いなく、今まで一緒にプレーした中で最高の選手だ。今も昔も、レオより優れた人はいない」とバルトラはメッシを評価し、「完成度が高い史上最高の一人」と賛美を贈った。

マルク・バルトラにとって、クリスティアーノ・ロナウドとロベルト・レヴァンドフスキは最も難しい相手だった。「ドルトムント時代には何度もレヴァンドフスキと対戦している。ヨーロッパとリーガエスパニョーラの両方でクリスティアーノと対戦した。彼らは成熟した巧みなストライカーであり、2人の『キラー』は守っていて最も難しい」と語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加