中日 6番降格のビシエドが意地の同点弾「良いスイングだった」3号ソロを左翼席へ

中日 6番降格のビシエドが意地の同点弾「良いスイングだった」3号ソロを左翼席へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/13
No image

6回、左越えソロを放ったビシエド(撮影・伊藤笙子)

「巨人-中日」(13日、東京ドーム)

不振に苦しんでいた中日・ビシエドが、同点の3号ソロを放った。

1点を追う六回、2死。戸郷の2球目を振り抜くと、確信したビシエドはゆっくりと一塁へ歩き出した。打球は左翼席上段まで届く、価値ある同点弾となった。

試合前の時点で打率・235。前カードのヤクルト戦から6番に降格となったが、意地の一撃にベンチへ戻ると笑みも浮かんだ。イニング間には「フォークボール。完璧に捉えることができた。良いスイングだったよ」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加