阪神 高山、木浪の連打で先制に成功 好調の高山はこれで打率・440

阪神 高山、木浪の連打で先制に成功 好調の高山はこれで打率・440

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/25
No image

2回、適時三塁打を放つ木浪。投手は阪口(撮影・田中太一)

「練習試合、阪神-DeNA」(23日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

二回、阪神が先制に成功した。

先頭打者の高山が阪口の2球目の直球を捉え、出塁。次打者・木浪も続き、右中間を深々と破る長打を放つと、一走の高山が一気にホームイン。打った木浪は三塁に進んだ。

高山はこの一打を含み打率・440と好調さが際立つ。木浪は試合前の打率・059と苦しんでいただけに、この先制打をきっかけに状態を上げていきたいところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加