シュツットガルト遠藤航が後半ATに1部残留決めるV弾、伊藤がアシスト 奥川のビーレフェルトは2部降格

シュツットガルト遠藤航が後半ATに1部残留決めるV弾、伊藤がアシスト 奥川のビーレフェルトは2部降格

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/16

サッカーのドイツ1部は14日に最終節が行われ、16位のシュツットガルトは後半アディショナルタイムに遠藤航のゴールでケルンに2―1で競り勝ち、1部残留を決めた。左CKをニアサイドの伊藤洋輝が頭でそらし、ファーサイドの遠藤が頭で押し込んだ。引き分けなら16位のままだったが、奇跡的な白星を挙げてドルトムントに1―2で敗れたヘルタと勝ち点33で並び、得失点差でかわして残留圏の15位に滑り込んだ。土壇場で16位に転落したヘルタは2部3位との入れ替え戦に回る。

No image

1部残留を決め歓喜のシュツットガルトイレブンとサポーターら(AP)

遠藤航ってどんな人?略歴、トリビアも!

奥川雅也がフル出場したビーレフェルトはライプチヒと1―1で引き分け、17位で来季2部降格が決まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加