渡邊圭祐『推しの王子様』で完全ブレイク!?「佐藤健と三浦春馬のハイブリッド」の声

渡邊圭祐『推しの王子様』で完全ブレイク!?「佐藤健と三浦春馬のハイブリッド」の声

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/07/23
No image

渡邊圭祐(画像はドラマ『推しの王子様』公式インスタグラムアカウント『oshi_no_oji』より)

7月15日にスタートした連続ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)。撮影前に深田恭子(38)が体調不良で降板し、比嘉愛未(35)が主演に抜擢されたことが放送前から話題になっていたが、第1話放送後は相手役の渡邊圭祐(27)がネット上で話題を独占している。

関連:■馬場ふみか、“ハイレグレオタード姿”でなめらかなヒップラインを披露!

「渡邊は、比嘉演じるゲーム制作会社社長の日高泉美が恋する乙女ゲームのキャラ・ケント様に顔だけそっくりな五十嵐航(いがらし・わたる)を演じます。無作法で無教養で無気力な典型的な残念イケメンで、日高は過去の自分に近いものを感じたこともあり“私があなたを理想の男性に育てる!”と躍起になって……。という恋愛ドラマですが、渡邊のキャラが実に好評なんです」(女性誌記者)

1話の時点では見た目も雑で「やりたいこと・夢」はないのかと聞かれ「居場所なんてない、夢なんて持ったって無駄」と言い放つ冷めた姿を見せた航だったが、「私があなたの人生を変えてみせる」と強烈なアプローチをして身だしなみを整えさせると、実に「王子様」なビジュアルに変身。

《バカなイケメン、しかもこれから成長するイケメン!最高です大好物です!》《推しの王子様の渡邊圭祐さん普通にイケメンすぎてびっくりした》《推しの王子様…渡邊圭祐がイケメンすぎて見てみたい…》

と、ネットは大好評だった。

■佐藤と三浦さんのハイブリッド!

「渡邊は19年の『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)で役者デビューしたことや、所属事務所が同じアミューズなこともあり、同じく07年の『電王』でブレイクした仮面ライダー俳優でもある佐藤健(32)に雰囲気が近いと言われてきました。昨年3月28日号の『NYLONguysJAPAN』(カエルム)で2人で表紙を飾った際も、“似てる!”と評判でした」(前出の女性誌記者)

しかし、今回のドラマで見せたポンコツ感や、佐藤が切れ長の瞳であるのに対して目が大きめなこと、ヘアスタイルの雰囲気などから、

《ロンゲ姿は20代のキムタクやラストシンデレラ時の三浦春馬を彷彿させる。》《渡邊圭祐はこのドラマで三浦春馬の正当後継者に堂々と立候補できるな…ゴリゴリの二枚目ルックスからポンコツ三枚目も出来るの強すぎる》《渡邊圭祐さんて表情や仕草が三浦春馬さんに似てるね》《佐藤健と三浦春馬をミックスしたようなルックスが素敵》

と、三浦春馬さん(享年30)を思い浮かべる声であふれたのだ。ちなみに、三浦さんは生前、渡邊とは映画『ブレイブ群青戦記』で共演したことがある。渡邊は三浦さんについて『シネマトゥデイ』では3月13日、

「乗馬の練習などでご一緒させていただくことが多く、そのときはとても優しく声を掛けていただきました。すごく温かい人だなと感じていました」

と話していたほか、三浦さんと新田真剣佑(24)の芝居を「お互いが信頼し合っていないとできない」として、役のみならず人と人としてもしっかりコミュニケーションをとり、絆を深めることが「良い芝居」に繋がることを学んだと語っていた。

「さらに渡邊は佐藤とも、20年に『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で共演しています。あまり共演するシーンは多くありませんでしたが、

“もう『佐藤健』なんですよ。常に『佐藤健』としてそこにいるんです。オーラがすごいというか、吸い込まれちゃうんですよね。否が応でも惹きつけられてしまう。そういう『黒い魅力』を持った方です“

と、昨年1月21日に『Paravi』のインタビューで答えていました」(前出の女性誌記者)

■共演者に恵まれている

渡邊は東北地方でモデル活動をしていたが、デビュー作『ジオウ』の時点で24歳。役者としては比較的遅めのスタートだが、前出の『シネマトゥデイ』にて、

「時間は戻らないので、それを嘆いてもしょうがないわけで……。逆に僕は24年間ずっと誰の目も気にしないで、普通の社会経験をしてきた。その経験は強みになるのかなと思っているんです」

と、ポジティブに受け止めている。

「『ジオウ』では主人公の未来を知る謎の従者でしかも1人2役という、役者デビュー作でいきなり強烈な個性を放つキャラをやりましたが、その後20年の『恋つづ』でヘタレだけどの好青年な若手医師を好演。かと思えば、同年次クールには『MIU404』(TBS系)でジャーナリスト気取りの胡散臭いナウチューバー(元ネタはYouTuber)・特派員RECと、短期間にありとあらゆる役を演じていて、どれも非常にしっくりくると好評でした。今後が楽しみな役者の1人です」特撮ライター)

渡邊にとって幸運なことにデビュー作の『ジオウ』では、おやっさん枠で出演していた生瀬勝久(60)がメインキャストの若手に直々に演技をアドバイスしてくれたそうで、『ジオウ公式読本』(ホビージャパン)のインタビューでは、

「僕は“自分のプラン”を考えて来る方だったんです。でも、生瀬さんは“そういうのはいらないから”と。お芝居はナマモノだから、現場で生まれるものだからとおっしゃっていて。それを聞いて確かにそうだと思ったんです」

「生瀬さんとお話して芝居に対する意識が変わったことで、現場でソウゴ(奥野壮)やゲイツ(押田岳)やツクヨミ(大幡しえり)がそう来るならこっちもこう出るかとか、そういう生のリアクションが自分の中から湧いてくるようになったんじゃないかと思います」

と、実に勉強になったことを明かしている。ちなみに生瀬は渡邊について、

「あれだけ端正な顔立ちをしている方も珍しいし、話し方もとってもマイペースで。いつも僕たちの話を聞いて、それをどういう風に理解して返すか考えていましたね。そういうところはやっぱりちょっとお兄さんでしたよ」

と、賞賛していた。

デビュー作でベテランの生瀬と1年みっちり演技ができて、その後も佐藤や三浦さんといった事務所の先輩から多くを学べた渡邊。『恋つづ』で“天堂ロス”した佐藤のように、ぜひ“推しロス”を引き起こしていただきたいーー。

BTS ジョングク「プライベートダダ漏れ」レア動画に“当たり前だけど不思議”の声!【画像】

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加