英歌手アデルがスタローン宅を購入 ロッキー&ランボー像は撤去

英歌手アデルがスタローン宅を購入 ロッキー&ランボー像は撤去

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

スタローン宅を購入したアデル(ロイター=USA TODAY Sports)

英歌手アデルがシルベスター・スタローンの豪邸を購入した。ロッキーやランボーの像だらけで、撤去作業に追われているという。英紙ザ・サンが24日、報じた。

スタローンがロサンゼルスの高級住宅エリア、ノース・ビバリー・パークに建てた〝ロッキー御殿〟は8部屋のベッドルーム、12部屋のバスルームという大豪邸だ。当初、スタローンは150億円で売りに出していたが、今年2月、70億円でアデルが購入した。

当初、プレミア価格がついていたのは、スタローンが出演した映画「ロッキー」シリーズや「ランボー」シリーズに関する装飾だらけだったからだ。彫像やアートワークがあちこちにあり、ランボーの記念品だけの部屋があり、豪邸の中はグラフィティーアートだらけで、映画ファンにとってはテーマパークのような邸宅になっていたという。特に1976年のロッキーの1作目で、フィラデルフィア美術館の階段で拳を上げた名シーンのロッキー像がプールの側面を飾っているのが売りになっていた。しかし、買い手がつかず、半額以下にプライスダウンされ、アデルが購入した。

アデルにとってはロッキーやランボーは興味がなかったのだろう。大邸宅からロッキー・ランボー色を一掃する許可を申請し、現在、大撤去作業中だという。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加