【DeNA】2戦連発18号で、牧秀悟が2度目サイクル安打にリーチ 残るは達成時と同じ三塁打

【DeNA】2戦連発18号で、牧秀悟が2度目サイクル安打にリーチ 残るは達成時と同じ三塁打

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/09/15
No image

◆JERAセ・リーグ 巨人―DeNA(15日・東京ドーム)

DeNAの牧秀悟内野手が、2度目のサイクル安打にリーチをかけた。

まずは1点リードの初回2死満塁。左前へ追加点となる2点適時打を放って「みんなが繋いだチャンスだったので、積極的にいきました。追加点を挙げることができ良かったです」と笑顔。4回先頭の2打席目には、左翼線へ二塁打を放って、得点にこそつながらなかったがチャンスメイクした。

1点リードの6回1死では、2試合連続18号となるソロをセンターバックスクリーンに運んだ。8月25日の阪神戦(京セラD)では新人初となるサイクル安打を達成したが、またしても三塁打を残すのみとなった。8月に達成したときも、最後に残したのが三塁打で、9回に右翼へはじき返して偉業を達成した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加